須田将啓さんインタビュー

須田将啓さん

 2009年トライアスロンデビュー

追い込まれた時、そこからの粘りに自信がつく

須田将啓さんメンバーの中で一番若くてエネルギッシュな須田将啓さんは、学生時代にボクシングをしていました。2009年、ホノルルトライアスロンに参加し、そこで出会ったメンバーと意気投合。2010年にアイアンマンレース、さらには2012年サハラマラソンに出場するなど、アスリート歴を築いてきました。 

「日常ではできない体験で、自分のキャパシティを広げたい。仮に地震があって名古屋あたりで電車が止まっても<じゃ、歩いて帰るか>、飛行機が海に落ちても<泳いで帰るか>という余裕を持てる。追い込まれた時、そこからの粘りに自信がつくんです」

40代でエベレスト登頂という夢を持つ須田さん。今年は毎年過酷なレースを共にしているメンバーと南極へ向かいます。

写真:2010年アイアンマンに出場

 

 

 


挑戦した後の達成感を感じたい

須田将啓さん「メンバー6人は一緒にバカをやれる仲間、いわば戦友です。だから弱いところ、かっこ悪い姿は見せたくない。それが最後の踏ん張りになるかもしれません。辛くてもう走るのを止めようと思っても、<この仲間から抜けたくない!>という思いが完走を後押ししてくれると思います」と語る須田さん。

「南極という特殊な環境を用意できないので、とりあえずは体力と筋力をつけるしかない」、と定期的な筋トレに加えて、平日は2日に一度は1時間かけて約10Km、週末は30〜50Kmを走り、トライアスロンへの準備は万端。

「挑戦することが楽しいし、挑戦した後の達成感を感じたい」と語る須田さんは、「南極という極限の世界で極限のことをして、自分がどこまで通用するのかを試したい。自分の限界を超えて、人としての幅を広げたい」と‐20度での体験に期待を膨らませています。

「サハラマラソンでは、夕日が沈む広大なサハラ砂漠を一人走り、感極まる瞬間がありました。南極で究極の自然に触れたなら、DNAレベルで何かを感じることができるかも」。

写真:2012年サハラマラソンに出場

 

須田将啓さん<須田将啓さんプロフィール>

大学で修士課程修了後、大手広告代理店を経て、2004年「株式会社エニグモ」設立、代表取締役 最高経営責任 に就任。2005年グローバル・ショッピングサイト<BUYMA>のサービスを開始し、2012年7月に東証マザーズへ上場。

 

・・・【チーム極】インタビュー特集・・・

石田淳さん 小針一浩さん 須田将啓さん yajirushi001.jpg 成田信一さん 浜口隆則さん 渡辺未来雄さん
石田淳さん 小針一浩さん 須田将啓さん 成田信一さん 浜口隆則さん 渡辺未来雄さん
コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。