おすすめ情報

春から夏は北極旅行のベストシーズン!

 

キャンペーン情報  
  • 【Antarctica】<クォーク社主催>
    2022-23年出発・南極旅行で「最大25%割引」&早期ご入金で更に15%割引!(2021/5/31まで)<詳細を見る
  • 【Antarctica】<クォーク社主催>
    2021-22年・南極旅行「最大30%割引」&指定コース早期入金で更に10%割引!(2021/5/31まで)<詳細を見る
  • 【Arctic】<クォーク社主催>
    2022年・北極旅行「最大30%割引」&早期支払いでプラス15%割引!(2021/5/31まで)<詳細を見る
  • 【Arctic】<クォーク社主催>
    2021年・北極クルーズ「最大20%割引」(2021/5/31まで)<詳細を見る
  • 【Antarctica】<ポーラーラティチュード社主催>
    2022-23年・南極クルーズ、全コース全客室15%割引!(2021/5/31まで)<詳細を見る
  • 【Antarctica】<ポーラーラティチュード社主催>
    2021-22年「新船で行く南極」限定2コース全客室15%割引!(2021/5/31まで)<詳細を見る
南極旅行のご案内
北極旅行のご案内

<速報>2022-23年出発「南極旅行・南極クルーズ」

<速報>2022-23年出発「南極旅行・南極クルーズ」の料金・日程 PDF 発表!
                                                            ※船名をクリックするとPDFを御覧いただいます。
【アンタルクティカ21社主催】
  オーシャン・ノバ号 | ヘブリディーン・スカイ号 | マゼラン・エクスプローラー号
【ポーラーラティチュード社主催】
  アイランド・スカイ号 |  シー・ベンチャー号
【クォーク社主催】

  オーシャン・アドベンチャー号 | オーシャン・ダイアモンド号 | ワールド・エクスプローラー号 | ウルトラマリン号

南極の神髄を見る、究極のアドベンチャーへ!

【おすすめツアー】フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア島、南極半島クルーズ

「南極のすべてを見てみたい」と望むのであれば、クォーク社またはポーラーラティチュード社が主催する「フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア島、南極半島クルーズ」をおすすめします。今回おすすめするツアーコースは南極半島にとどまらず、南極圏の魅力溢れる島々をクルーズするディープな旅です。探検家や開拓者たちの足跡を訪ねると同時に、南極圏の希少な動植物を間近にし、想像をはるかにしのぐスケールで迫る大自然を目にする究極のアドベンチャーなのです。

<該当ツアーのご案内>


 お客様体験談 
TOP202103_01.jpg
←【川畑さん】
数年前に南極に行った人の写真を見せてもらい、それ以来興味を持っていた。自然の美しさ、厳しさ、同時に人間活動の影響力を強く感じることができた。またさまざまな国から集まった人々と3週間近く一緒に過ごし、いろいろ教わったり考えさせられたりするのも楽しかった。

【李さん】→
IOS3166で認める3箇所「フォークランド」「サウスジョージア」「南極」が含まれていたので、このコースに参加しました。地球上の一番厳しい環境のなかでも強く生きられる野生動物との出会いは、まるで神様の領域に入ってきたような感動を与えてくれた。

TOP202103_02.jpg
 南極半島&サウスシェットランド諸島
TOP202103_03.jpg
南極半島クルーズは言わずと知れた南極旅行の定番です。南極に焦がれる多くの人々は南極大陸の先端に長く突き出す半島への上陸で、南極大陸への真の一歩を記すのです。サウスシェットランド諸島では海鳥やザトウクジラの姿も見られます。
 フォークランド諸島
TOP202103_04.jpg
フォークランド諸島(Falkland Islands)は、南大西洋上にあるイギリス領。スペイン語ではマルビナス諸島(Islas Malvinas)と呼ばれています。2つの大きな島、東フォークランド島と西フォークランド島に上陸し、英国の片田舎の雰囲気漂う町の訪問と海風が吹き抜ける牧草地のハイキングを楽しみます。マゼランペンギンやイワトビペンギン、ジェンツーペンギンのコロニーも見られます。
 サウスジョージア島
TOP202103_05.jpg
この旅でのハイライトは南大西洋、南極大陸からほど近い海にぽっかりと浮かぶサウスジョージア島へのクルーズです。三日月の形をした全長180Kmほどのサウスジョージア島は、半分が万年雪と氷に覆われている一方、むき出しの岩山に囲まわれた入り江には小さな町があります。アーネスト・シャクルトンの墓や捕鯨基地跡、小さな博物館、イギリスの軍事基地も訪問できます。ここはアザラシやジェンツーペンギン、マカロニペンギン、あごひけペンギン、キングペンギンのほか、特有の野生動物が多く生息しており、「極地のガラパゴス」と呼ばれる所以を存分に体感できることでしょう。

2021年・南極で皆既日食ツアー

一生に一度のチャンス!「2021年・南極で皆既日食ツアー」
あなたは南極のどこで見る?!航空機で行く?船で行く?
2021年・南極で皆既日食ツアー
太陽の全てが月によって隠される「皆既日食」。地球と月の公転運動によって起こる天文現象が、2021年12月4日、南極で観測できます。「南極」は、ほとんどの人が一生に一度、行けるかどうかの場所。加えて「皆既日食」の観測。【ポーラークルーズ】ではその2つを同時に叶えるために、4つのツアーをご案内いたします。

【大陸編】
  • 航空機で行く南極大陸・皇帝ペンギン&皆既日食12日間
  • 往復航空機利用・南極大陸で見る皆既日食12日間
【クルーズ編】
  • 南極の皆既日食と南極半島&サウスジョージア島クルーズ17日間
  • 南極の皆既日食・南極半島とサウスジョージア島・フォークランド諸島クルーズ20日間

コース紹介
南極旅行のご案内
北極旅行のご案内
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。