南極クルーズ

  • この南極クルーズは何歳ぐらいの人達が乗っているのですか? 
    又彼らはどのような人達でしょうか?

さまざまな年齢層です。20歳から80歳代まで幅広くいらっしゃいます。
過去には92歳の方が乗船しました。
世界中を旅した人達、そして世界中から自立した人達がこの極地クルーズに惹かれて参加します。特別に強い興味、魅力があるのでしょう。このクルーズを体験すると、今までに味わったことのない感動に酔いしれること間違いなしです


 

  • 食事はいかがですか?

船内における食事の質とバラエティさは、ツアークルーズのハイライトのひとつでもあります。経験豊かなヨーロッパ人シェフが国際色豊かな食材を使ってもてなしてくれます。肉が食べられない場合でも、様々な種類の野菜、パスタ、穀物、果物をご用意させていただいております。
朝食は、ビュッフェスタイルとなりますが、昼食・夕食はフルコースで、ベジタリアンコースもご用意できます。

 

 

  • 航海中は、どのくらいの揺れがあるのですか?

予測するのは難しいですね。1等航海士は常に最悪に備えベストを尽くします。航海中にいくつかの通過点で揺れを感じますが、どのくらいの揺れ、長さを予測することは出来ませんので、必ず船酔い予防の薬を指示医からもらってきてください。
健康体であれば、充分に耐えうる揺れです。
船酔いが心配な方には航空機でドレーク海峡を越えるフライ&クルーズコースもございます。

 

  • 航海中はどのように過ごしていますか?

毎日のスケジュールが前日には各キャビンに配られます。また、当日アナウンスが流れます。レクチャーやドキュメンタリービデオ、フューチャーフィルムなどがあります。眺めのよい所に来たら、ナビゲーションブリッジで過ごすのもよし、氷を割きながら進む船の様子を見るのも良いでしょう。きっと、野鳥や鯨など野生動物にも出会えることでしょう。ナチュラリストや専門家たちがご説明いたします。
また、船にはラウンジ、バー、小さな図書室、ジム、サウナ(船によって異なります)などがあります。多くの人達は、夕食後デッキやラウンジバーなどで過ごします。
ゾディアックボートやヘリコプター(コースによって異なります)などのエクスカージョンは昼夜なく、随時探検リーダーの判断で催行されます。また、写真撮影に適した場所などもご案内致します。時には、各レベルにあわせての活動がありますし、ハイキングなど体力にあわせて探検リーダーが企画します。例えばゾディアックボートでクルージングをします。このようなエクスカージョンも日を追うごとに慣れますし、簡単に要領を得ていきます。

 

  • スタッフはどのような人達ですか?

全員経験豊かな人達ばかりです。極地専門のナチュラリスト、歴史家、生物学者、地質学者など男女問わず大勢います。

 

  • 船の中のドレスアップは必要ですか?

いいえ、必要ありません。ラフでカジュアルな格好で結構です。

 

  • 船内には医者がいるのですか?
    もし、航海中に病気になったらどうなるのでしょうか?

船には医者が乗船していますし、また基本的に最小限の手術器具も揃っています。緊急の場合は、 ヘリコプターをチャーターするなどかなりの費用がかかりますので、必ず、海外旅行傷害保険にご加入ください。また、常備薬など多めにお持ちください。

 

  • 船の電源、などはどうなっているのでしょうか?

220ボルト、50サイクルです。プラグは2またの丸となります。ヨーロッパ標準仕様です。
必ずアダプターをお持ちください。

 

  • 船が氷河にぶつかるなどの危険はありませんか?

ご心配ありません。船のナビゲーション・システムは、かなり離れた場所からでも氷山を探知することが出来ます。船長は必要に応じて船の針路を変更します。又、現地の海、氷、天候の状況によって、船の速度と方向を常に調節します。

 

  • パンフレットの日程に記載されている通り、実際に訪れるのですか?

いいえ、日程はあくまで予定でしかありません。時には、日程にない新しい場所に上陸することもあります。航海はすべて、ケースバイケースで、天候、氷の状況により変わっていきます。経験豊かな船長と探検リーダーにより、実際の行動は決定されます。

 

  • 長靴は必要?

全ての船で長靴を無料でお貸し致します。事前に靴のサイズをお知らせ下さい。特に日本から持ち込む必要はございません。

 

  • その他、持っていかなくてはならないものは?

気温が、一般的に4℃〜−15℃となりますので、その範囲で必要と思われる装備をご用意ください。船内は半そで、ジーンズなどカジュアルで結構ですが、大陸に上陸する場合は、スキーウェアを基準にしていただければ結構です。防水ジャケット(上・下)をご用意下さい。防寒着(パーカー)は、船によってはパーカー付(お持ち帰りできます)のコースもございます。又、双眼鏡を持っていくこともお薦め致します。

 

  • 上陸する場合、どのくらいの時間を過ごせますか?

これは、あくまで天候によりますが、3時間ぐらいでしょうか。時間、場所、距離など考慮して、探検リーダーがいつ頃、何時間くらい上陸できるかを決定します。日によっては数回の上陸もありえます。

 

  • どんな氷河が見えるのでしょうか?

正確にはわかりません。氷の状態は毎年変化しているのです。また、気候、風などによって日に日に氷が動いているのです。

 

  • 岸辺に到着したときに何か制約があるのでしょうか?

野生生物など環境に充分注意を払わなければなりません。上陸する前に、船内にて探検リーダーより注意事項をお話します。

 

  • 船は快適ですか?

はい。豪華ではありませんが、アメニティも充実しておりますし、図書室、レクチャールーム、バー、ラウンジ、ダイニングルーム、小さな医務室なども整っています。また、大きなオープンデッキもあります。

 

  • 参加するにあたって体が丈夫でなければならないのでしょうか?

一般に健康体であれば、どなたでも参加できます。極地への旅となりますので、精神的に不安定であると無理です。
船がベースの旅ですから体力を必要とは致しません。デッキは24時間いつでも自由ですし、いくらでも好きなようにお過ごしください。

 

  • 英語ができないと参加できませんか?

ご心配ありません。基本的に船内アナウンスは英語ですが、いろいろな国籍の方々(英語を母国語としない)が参加しておりますので、かなりゆっくり明確に話してくれます。船内アナウンスは大体が決められたことを話しますので、クルーズ期間中にかなり耳が慣れてくるかと思います。
また、船内レクチャーに関しましては、ビデオやスライドなどにより説明しますので、英語の内容が理解できなくとも、ある程度はビジュアルでお楽しみいただけるかと思います。
コースによっては、日本人通訳ガイドが乗船しております。

南極点フライトその他コース

  • 天候はどうなのでしょうか?

ユニオングレッシャーでの気温は、10月初旬頃で−30度、その後徐々に上がり、12月中旬頃には−5度くらいになります。滞在中、太陽は24時間輝き、沈むことがありません。
 

  • 何を持っていくべきでしょうか?

お申込みの際に、必要な持ち物リストをお渡し致します。
あなたの忍耐、ユーモア、臨機応変さ、そしてあなたの夢をお持ち下さい。
絵が好きであれば、水彩ペン、ビデオカメラ、デジタルカメラなどをお持ちになると想い出が残る事でしょう。
 

  • 覚えておかなければならない重要な事とは何ですか?

南極大陸の天気は、きまぐれで予測する事が困難です。すべての日程は天候次第となります。
帰国予定の2週間先まで重要な予定や約束事を入れることはお控え下さい。
ANIアドベンチャーネットワークは、皆様の南極への夢と目的を達成できるよう手助けすることが使命です。臨機応変さと心の持ち方次第で楽しい旅の想い出を残しましょう。
 

  • カメラのバッテリーを充電する事はできますか? 

お客様用に限られたものではありますが、ソーラーシステムによる充電設備があります。
たばこライターソケット「フィーメール」があります。※12V DC-DCチャージャープラグが必要です。
太陽熱は限られております。常に通信機器が優先されますので、スペアのバッテリーをご持参下さい。また、チリのプンタアレーナスを出る時には充分な充電をしておいて下さい。不必要な電子機器は家に置いてきてください。
 

  • 自宅に電話をかける事は出来ますか?

ユニオングレッシャー及びビンソンマッシフ山ベースキャンプからは直接電話をかける事が出来ます。
イリジウム衛星電話です。(30分間/US$70のプリペイドカードをユニオングレッシャーでご購入下さい)。ご自身で衛星電話やチャージ機器をご持参なさる方もいらっしゃいます。
携帯電話や他のサテライト電話(Globalstarなど)は、このような高緯度では利用できません。


  • 宿泊施設はどのようなものですか?

二重構造のテントで2人使用です。ハイテクナイロン仕様で二重のアルミニウムフレーム構造となっています。ジッパー付きの出入口となり、テント内はベニア合板の床です。出入口のジッパーも二重構造であり、テント内は快適です。
スタッフ用テントはキャンプ地の周りにあり、上記と同様タイプのテントです。
トイレや洗面所はダイニングテントの近くにあります。


  • 南極大陸での時間はどのようになってますか?

24時間、日は沈みません。時間よりむしろ天候次第で南極大陸における活動日程が決められます。
ユニオングレッシャーでは、プンタアレーナス時間を使用しています(GMTより3時間遅れ)。
※ニューヨーク時間のプラス2時間、ロサンゼルス時間のプラス5時間
南極点ではニュージーランド時間となります(GMT+13時間)。
 

  • 南極大陸で、もし病気になったらどうなるのでしょうか?

ALEは医師を雇っています。ユニオングレッシャーでは治療のための医薬品、最低限の医療機器を備えております。全薬品が揃う薬局からは、今旅している地点から約2,000マイル(3,200km)近くも離れている事を忘れないで下さい。事故や重い病気にかかった場合、プンタアレーナスへ出来る限り速く搬送できるよう、努力いたします。しかし、それにかかる費用はすべてお客様のご負担となります。

なぜなぜ?南極クルーズQ&A

■トライウエルの商品ってどんな特徴があるの…?

■南極旅行の魅力って何…?

■南極クルーズの冒険って何…?

■南極圏をクルーズすると何が見られるの…?

■フォークランドクルーズの魅力は…?

■11月出発のコースってどんなもの…?

■11月後半から12月後半出発のコースってどんなもの…?

■クリスマスから年末年始出発のコースってどんなもの…?

■1月から2月初旬出発のコースってどんなもの…?

■2月後半から3月初旬出発のコースってどんなもの…?

■どんな飛行機で南極半島に飛ぶの…?

 


■トライウエルの商品ってどんな特徴があるの…?

  • 各方面のコースが多数あり、それによって船の隻数も多く、選択の幅があります。
  • 極地専門の会社。現地スタッフの経験度は20年以上。真のスペシャリスト集団です。
  • 素晴らしい被写体の写真が取れるチャンスが多くあります。
  • 世界でも初航海のコースを企画開発したパイオニアカンパニー(主催会社:クォーク社)と提携しています。
  • 教育された経験豊かなスタッフは各ジャンル(海洋、生物、鳥類、地質学など)に精通した知識人であり、すでに世界中で認知され、活躍しています。
  • 妥協せず徹底した環境遵守。コース内容の質にもとことんこだわっています。予約などのオペレーションすべてに細心のサービスを提供しています。
  • 海外提携会社は極地業界の中で最も健全で安全を重視した経営です。安全には万全な組織体制の確立には定評があります。
  • クルーズ期間中、ゴム長靴は無料貸し出し。防寒服(パーカー)はプレゼントします(コースにより異なる)。
  • 小回りのきく小型客船を体験。家族的な雰囲気が楽しめます。
  • アクティブに過ごせる活動日程。1日に2回の上陸(天候次第)を予定しています。
  • クルーズ期間中、24時間体制のスタッフとウスワイアの現地スタッフが待機。サービスの質と迅速な問題解決の処理能力は業界内でも秀逸です。
  • 送迎と前泊が料金に含まれています(コースにより異なる)。

→ページTOPへ戻る


■南極旅行の魅力って何…?

  • 極地の地理や歴史を、探検スタッフと共に学べます。(船内は英語。日本人通訳ガイド乗船コース有)
  • 氷山はもちろんの事、壮大なる景色に出会えます。
  • 「南極大陸」は、世界七大陸のうちの「最後の大陸」。ほかにはない、まだ手つかずの自然に出会えます。(さまざまな種類の南極のペンギン達、クジラ、アザラシ、アルバトロスなどとの遭遇)
  • 最後に残された大陸でシーカヤック、クロスカントリースキー、登山、キャンプが思いっきり楽しめます。
  • 写真好きな人にとっては最高のパラダイスです。

→ページTOPへ戻る


■南極クルーズの冒険って何…?

  • どのコースもシーズン毎に異なった体験ができます。
  • ドレーク海峡を突破する快挙を体感できます。
  • 短い旅行期間で生涯心に残る大きな体験を味わえます。

→ページTOPへ戻る


■南極圏をクルーズすると何が見られるの…?

  • 南極圏を越えるということは南極圏内に入る事。南極の本当の姿が垣間見えてきます。
  • めったに訪れることがない南極半島に上陸します。
  • 歴史的建造物や遺跡を見学できます。
  • シーズンの終盤になると、海氷を見る絶好のチャンスが多くあります。

→ページTOPへ戻る


■フォークランドクルーズの魅力は…?

  • ドレーク海峡は越えません。
  • 見知らぬ歴史や野生生物の宝庫です。
  • 短時間で旅行が楽しめます。
  • 島々を周るのに最も効率よく気軽に見学できます。

→ページTOPへ戻る


■11月出発のコースってどんなもの…?

  • いたるところにある氷冠や、山々に積もった雪景色は素晴らしいものがあり絶好の時期です。
  • ペンギンや他の海鳥達が現れる時期です。
  • サウスジョージア島ではゾウアザラシの繁殖シーズンです。

→ページTOPへ戻る


■11月後半から12月後半出発のコースってどんなもの…?

  • ペンギンやアザラシ達の繁殖シーズンです。
  • ペンギン達の戯れる姿や求愛シーン、ペンギン達の群れや卵を抱いている姿を見ることが出来る時期です。
  • 500万頭以上もいると言われているサウスジョージアアザラシは海岸に寝ころんでハーレムを作っています。
  • 雄のヒョウアザラシは、連れ合いさがしの歌を奏でています。

→ページTOPへ戻る


■クリスマスから年末年始出発のコースってどんなもの…?

  • ペンギン達や他の海鳥達のヒナがかえる時期です。
  • クジラ達(ザトウクジラやミンククジラ、南極シャチなど)がやってくる時期です。
  • ウェッデルアザラシが海岸べりで脱皮する時期です。

→ページTOPへ戻る


■1月から2月初旬出発のコースってどんなもの…?

  • ペンギン達の子育ての時期です。
  • 海岸には大きなペンギンのコロニーが出来ています。
  • カニクイアザラシやヒョウアザラシが現れます。
  • クジラの姿も多く見られる時期です。

→ページTOPへ戻る


■2月後半から3月初旬出発のコースってどんなもの…?

  • ペンギンの子供達が海へと向かう姿が観察できます。
  • アザラシが子供へと餌をやる姿が観察できます。
  • クジラやアザラシの観察が出来る一番良いシーズンです。
  • 雄のサウスジョージアアザラシの子供達が海岸べりで遊ぶ姿を観察できます。
  • キングペンギンがリラックスしている姿がよく見られます。
  • アルバトロスはヒナがかえる時期を迎えます。

→ページTOPへ戻る


◆どんな飛行機で南極半島に飛ぶの…?

  • 英国製のBAE-146を利用します。短い滑走路でも離発着可能な機種です。
  • パタゴニアから南極へは、すでに20年以上のフライト経験があります。
  • 70名乗りで、機内は明るく快適です。
  • 機内では軽食とドリンクが付きます。

→なぜなぜ?南極クルーズQ&A TOP

←南極クルーズツアーのご案内

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。