新型コロナウイルス安全対策:アンタルクティカ21(A21)社

2021.07.16

アンタルクティカ21社の新型コロナウイルス安全対策について

アンタルクティカ21社

私たちは、安全な旅をお届けするために、これまで以上に努力しています。
すべてのリスクを排除することは不可能ですが、A21社の衛生と安全対策プランは補強された要項となっています。最新の国際的な知見や勧告を盛り込んでいるこの安全対策プランは柔軟性をもって、今後も必要に応じて更新されます。

A21

(1)お客様へのご出発前の準備

A21社主催南極ツアーの参加者として、皆様の健康と安全を確保するための行動をとっていただけるようお願い致します。旅行に伴うリスクや不確実性を理解し、再認識していただくことが重要です。
ご旅行に関するA21社からのお知らせをよくお読みになり、ご出発前にお渡しする書類や情報にも目を通してください。
以下は、お客様が私たちと一緒に旅行するために必要な一連の手順です。

  • 深刻な病気のリスクを高める基礎疾患をお持ちの方は、現時点では、ご旅行をお控えください。
    CDC(米国疾病予防管理センター)および ECDC(欧州疾病予防管理センター)の勧告に従い、かかりつけの医師に相談してください。
  • A21社申込用紙にご記入いただき健康状態についてもご記入ください。
    A21社の医療チームは、あなたの健康状態を確認し、旅行に適しているかどうかを判断します。場合によっては、追加情報や診断書の提出をお願いすることがあります。
  • 参加申込書を提出することにより、A21社のツアーに参加するお客様は、新型コロナウイルス(Covid-19)関連を含む旅行条件に記載されている方針に同意したものとします。
  • A21社のツアーに参加するすべての参加者は、旅行保険に加入していただきます。
    その際には、A21社で訪問する可能性のある目的地にて、持病を含む健康上の理由による救援費用をカバーする保険であることが必要です。旅行中の医療費や医療サービスの費用もカバーし、また万一のための帰国時の費用や、旅行中に感染症(Covid-19)などに関連するリスクや緊急事態が発生した場合の帰国費用も含まれていなければなりません。
    入国した国または地域での入国拒否、医学的見地からの搭乗拒否、陸地または船上での検疫要求、新型コロナウイルス(Covid-19)の感染が疑われる、または確認されたことによる医学的な隔離、パンデミックに関するその他の問題やリスクが含まれますが、これらに限定されるものではありません。
    保険に加入していない場合、お客様はそのような事態に関連する金銭的な費用を負担しなければなりません。
  • ご旅行に先立ち、お客様には、「ご出発前のご準備」に具体的なご案内をお送りしますので、その手順、指示に従っていただきます。
    この指示には、例えば、自己隔離の手順、自己診断の手順、新型コロナウイルス(Covid-19)検査の陰性結果の提示などが含まれます。
  • チリまたはアルゼンチンに到着した際に実施されるプロトコルに関する情報も提供されます。


(2)チリまたはアルゼンチンへの到着 と出国前の保護措置について

チリまたはアルゼンチンに入国する際には、現地当局が定めた入国手続きに従っていただく必要があります。

  • 目的地に到着した際に宣誓書への署名をお願いします。
    その他の入国要件を求められる場合があります。また、次のことが要求される場合もあります。
  • 直近の新型コロナウイルス(Covid-19)検査が陰性であることを証明する書類の提出をお願いします。適用されるプロトコルについては、ご旅行前にお知らせします。
  • A21社のツアー出発前に、出発地に関わらず、新型コロナウイルス(Covid-19)検査を受けていただきます。
    スクリーニング検査の結果、感染症または感染症の疑いがある場合は、お客様に搭乗をお断りすることがあります。
  • 私たちは、陸路輸送の車両に適用される除菌プロトコルに従い、サービスごとに徹底した清掃消毒を行います。ドライバーは職務中に個人用保護具(PPE)を使用して、サービスや荷物の取扱いを行います。
  • 当社の陸上輸送サービスでは、ソーシャルディスタンスを確保するために、車両の積載量を減らして運行することがあります。
  • A21社が手配するホテル宿泊施設は、清潔で安全な環境を提供致します。
    ソーシャルディスタンスを確保するため、また衛生管理上、ホテル従業員には個人用保護具(PPE)の着用を義務付けています。清掃・消毒の頻度は、最良の衛生基準と地域の保健当局の規制に基づいて維持されます。
  • レストランでの食事やバーでのサービスは、地域の保健当局が定めた手順に従って行われます。
  • 公共の場ではフェイスマスクを着用して下さい。
  • ホテルの建物、レストラン、客室、又はその他の場所への出入りの際に手指消毒をして下さい。


(3)南極行きフライト  

  A21社主催ツアーの、プンタアレーナスとキングジョージ島間のフライトは、2003年からのパートナーであるDAP航空が運航しています。同社は、チリ民間航空局が策定した感染症対策について定めた規定に基づき、安全で快適なフライトを提供しています。

  • プンタアレーナス空港での搭乗手続きは、ソーシャルディスタンスを保ち、混雑を避けた保護された環境で行われます。
  • プンタアレーナス空港では、航空機に積み込む前に荷物を消毒します。
  • 航空機乗務員は、常に個人防護具(PPE)を身に着けています。機体の除菌は、各フライトの前に行われます。
  • フレイ基地では、フライトの離発着時に機体の消毒が行われます。
  • 機体に装備された換気システムは、空気の流れと循環により、密の状態を最小限に抑えることができます。
  • 機内では、フェイスシールドなど衛生管理をお願いする場合があります。

(4)船のオペレーションについて  

  船内では、健全な環境を提供することが重要であると考えます。私たちは小型船の運航に注力し、密にならないような環境を作り出していきます。以下は、お客様の船内環境を清潔に保つための対策です。

【船内の設備】

  • 船内には、広々としたパノラマのパブリックエリアがあります。内側の廊下も含めて、ソーシャルディスタンスをとる必要があります。
  • アクセスしやすい広いアウターデッキは、野生動物の観察に最適です。お客様が快適に過ごせるように工夫しています。
  • すべてのキャビンは外の景色が眺められ、充実した設備が整っております。中には個別のバルコニーを備えたキャビンもあります。旅を満喫していただくために、 公共の場から離れてプライバシーを確保しながら旅を楽しむことができます。
  • 対人関係を保つことができない場合は、フェイスマスクなどの個人防護具(PPE)を使用していただきます。
【空気と水の質について】
  • 私たちの船には、船内を循環する空気を殺菌する空気ろ過システムが装備されています。
  • 一部のキャビンには、独立した暖房・換気・空調システムが設置されています。
  • 船内の真水は、船内に入る前に厳密な除菌処理が行われています。船内で使用される真水は、シャワー、洗面台、トイレなどに使用されています。
【清潔度プロトコル 】
  • 指定されたチームが責任を持って実施しています。
  • キャビンの清掃と毎日のハウスキーピングは、最も厳しい国際的なプロトコルに従って行われます。
  • すべての共有スペースは定期的かつ徹底的に消毒されます。
  • 下船時のエリアは、グループ間やエクスカーションの合間を縫って、頻繁に消毒されます。
  • 毎日の清掃に加えて、全ての客室と共有スペースは、出発前と出発後に徹底的に清掃されます。
  • 全ての荷物の保管場所は、荷物を積み込む前に消毒されます。

(5)クルーとスタッフの安全対策
 

すべての船上チームは、船上での作業のための厳格なガイドラインに従うことが求められます。新型コロナウイルス(Covid-19)のスクリーニング検査は、船に到着するかなり前に行われます。船上では、スタッフとクルーは、健康的な生活を維持するため、また健全な船内環境を維持するために定められた業界のガイドラインに従っています。 

  • すべてのスタッフとクルーは、コロナウイルスの予防と対応のためのトレーニングを受けています。スタッフと乗組員は、衛生面と医療面での厳しい審査に基づいて選ばれます。
  • また、乗船する前に、予防的隔離期間を経て、コロナウイルス検査を受けなければなりません。
  • コロナウイルスの感染リスクを回避するために、包括的な予防措置が講じられています。

(6)船内の医療チーム 

当社のツアーは、辺境の地に大きな病院や保健所がないことを理解した上で行われます。とはいえ、船内の診療室には、緊急治療に必要な限られた設備が整っています。感染症状の人を含め、船内での限定的な緊急治療を行うために必要な設備を備えています。

  • A21社のツアーでは、医師が乗船しています。
  • シニアオフィサーには、個別対応用としての医療訓練を行います。
  • また、看護師の訓練を受けた乗組員が乗船することもあり、様々な健康・安全上に係わることを援助しています。
  • 呼び出しにすぐに対応できる地上医療チームは、24時間体制で船医をサポートします。
  • 必要に応じてPPEの予備も船内に用意しています。

(7)船上ライフの実践  

私たちがご提供する旅は、他では味わえない体験です。私たちは、お客様に一生に一度の冒険をしていただきたいと考えています。船内では、お客様全員が手順、要項、ガイドラインに沿って行動することで、リスクを減らし、充実した旅行を楽しむことができます。

【船内生活】

  • スタッフは毎日、体温チェックを行います。
  • 旅行中は新型コロナウイルスの感染症状が出ていないか、ご自身で確認してください。症状としては、発熱、空咳、疲労感、喉の痛み、痛み、下痢、結膜炎など。また、下痢、結膜炎、頭痛、味覚・嗅覚障害などがあります。症状が出た場合は すぐにスタッフに報告してください。
  • 船内の各所に除菌用のディスペンサーが設置されています。
  • 共有スペースでは、同室ではないお客様との間で、人と人との間に距離を置くことが必要です。 
  • サウナとジムは定員制で利用でき、利用後の衛生管理も徹底しており、厳格な衛生管理が行われています。
  • 「オープンブリッジ」条件は、航海士との接触リスクを軽減するために、変更または中止されることがあります。
【ダイニングルーム】
  • 船内での食事は、快適でリラックスした雰囲気のレストランで提供されます。
  • レストランの座席は、友人や家族のグループの中でもプライバシーが守られるようなお席をご用意しています。
  • バーカウンターのサービスは、ソーシャルディスタンスを守りながら、可能な限りテーブルサービスを提供します。
  • セルフサービスの食べ物と飲み物は、ホスピタリティチームによるサービスに変更されます。
【教育セッション】
  • 広々としたラウンジで、エクスペディションスタッフによる教育的なプレゼンテーションやブリーフィングが行われます。船内の全員が時間を見つけて楽しめるようになっています。
  • プレゼンテーションが行われるスペースは、ソーシャルディスタンスをとったうえで、それぞれ定員が決められています。

(8)エクスカーション 
私たちの冒険旅行の核となるのが、エクスカーションです。今まで味わったことがない体験を通して、遠くまで来た目的地と直接つながることができます。
お客様にリラックスして安全に過ごしていただくために、以下の条件を設けています。
  • 非接触型チェックイン/チェックアウトシステムを導入しています。
  • 下船時には、グループごとに分かれて行動します。グループごとに十分な時間をとって、人と人との距離をとりながらゆっくりと移動し、エクスカーションの衛生管理にも気づかいます。
  • ゾディアックでの岸辺への移動や、ゾディアックでの探検クルーズは、安全な方法で管理されています。クルーズは最も安全な基準に基づいて、定員を減らして運航することがあります。ゾディアッククルーズ中や上陸地点では、マスクなどの着用を求められることがあります。
  • ショアエクスカーションは、通常のツアーと同様に、業界最高水準の高い人員比率で行われます。ガイドは、お客様が目的地を満喫できるよう、さまざまなオプションをご用意しています。 ショアエクスカーションの間に、ゾディアックやエクスカーション用具が消毒されます。
  • アドベンチャー・アクティビティ(オプショナルツアー)の要項は、お客様の健康と快適さを確保するためのものです。オプショナルツアーは、ツアーお申込時にご確認ください。
  • 南極の環境を守るために、厳格なガイドラインが設けられています。ガイドラインの詳細については、出発前の資料をご覧ください。


アンタルクティカ21社
ダイアナ・ガリンベルティからのメッセージ

私達の安全対策

 アンタルクティカ21社  専務取締役 ダイアナ・ガリンベルティアンタルクティカ21社(Antarctica21)は、2003年に南極フライ&クルーズツアーのモデルコースを開発して以来、観光客を南極にご案内してまいりました。この間、私たちの経営理念は、厳密な分析、強固な実施要綱、柔軟な手順をまとめたものでした。

今回の新型コロナウイルスのパンデミックは、私たちに新たな課題をもたらしましたが、私たちは根拠に基づいた適応可能で持続可能な解決策をもって、この課題に立ち向かっています。
この衛生と安全対策プランは、当社の最も重要な国際的パートナーと協力して、南極旅行を安全に再開するための枠組みとして作成されました。
私たちは、パンデミックに対する世界的な対応の進展に合わせて、最新の知識、ガイドライン、実施要綱をすべて取り入れながら、計画を更新していきます。

今日、安全なツアーを提供するという私たちのコミットメントは、これまで以上に強固なものとなっています。

アンタルクティカ21社 オペレーション&プロダクト担当
専務取締役 ダイアナ・ガリンベルティ

Our Health and Safety Plan
An Introduction by Diana Galimberti
Executive Vice President, Operations and Product, Antarctica21

“Antarctica21 has been guiding travelers to Antarctica since 2003, when we pioneered the Antarctic air-cruise model. During this time, our operational philosophy has brought together rigorous analysis, robust protocols, and flexible procedures.
The Covid-19 pandemic brings us a new challenge, we are confronting it with evidence-based adaptable and sustainable solutions. The resulting Health and Safety Plan has been created in cooperation with our most valued international partners. It was developed as a framework for the safe restart of expedition travel. We will continue to update our plans as global responses to the pandemic evolve, incorporating all the latest knowledge, guidelines, and protocols.
Today, our commitment to providing safe expeditions remains stronger than ever.”
コース紹介
南極旅行のご案内
北極旅行のご案内
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。