【2019年1月出発】フライ&クルーズ:南極エクスプレス(U)南極圏横断にご参加の野川さん体験談&写真集

クォーク社主催の2019年1月出発「フライ&クルーズ:南極エクスプレス(U)南極圏横断11日間」にご参加された野川さんから、ご感想・体験アンケートとともに、沢山の写真と貴重な情報をお寄せいただきました。
南極旅行をご検討の方、南極クルーズのリアルな情報が入手できます。ぜひ、ご参考に!


野川さん体験談&写真集


南極旅行の感想

帰国した後に、非常に密度の高い旅ができたと感じました。
南極の手つかずの自然の中に身を置いたこと、動物たちを間近に見たこと、氷で埋め尽くされた海…
南極だから楽しみ学べた旅だったと実感しています。

最後も、南極からチリへの予定の航空便が欠航となり、結果的に余分に南極に滞在できるという幸運がありました。翌日は飛びましたが、プンタアレーナスに戻ったのが夕方になったので、空港でツアーとお別れしました。1時間半程度の待ち時間で、予定通りのサンティアゴ行きに乗れたのは幸運でした。

何はともあれ無事に帰宅し、今日は通常通り朝から仕事をしました。
帰ってきてしまったんだなあ…と写真の整理をしながら実感しています。

 

野川さん写真集&南極クルーズ情報
野川さん体験談&写真集

 

アンケート

Q. いつ頃から南極への旅を計画なさってましたか? また、その動機をお聞かせ下さい。

A.
南極への旅を計画したきっかけとして、2018年5月にモロッコを旅したことで、アフリカ大陸を踏みました。この時に次は南米大陸に行こうと考えました。
帰国後に知人と話していたら、南極大陸も制覇したくなってきたので調べたら、何とか行けそうだという事が判明。5月末頃に、年度内を目標に南米経由南極行きを決意しました。なお、決意した時点ではどの辺りまで南に行くか、決めていませんでした(結果的には南極圏横断コースに参加)。
前年度のボーナス額を参考に、貯金額の確認を行い、実現可能なコースを絞っていきました。更に夏の旅も行き先を変更して、南極行きの資金を確実に集めることとしました。


Q. 今回の南極旅行の目的は何ですか? 

A. 
南極の写真が撮りたい事と、世界7大陸最後の大陸を制覇したいという目的。
また、以前北極圏のロングイヤービーン(スピッツベルゲン・スバールバル諸島)に行ったことがあるので、南極圏もぜひとも行ってみたかったという思いがありました。


Q. 実際に南極に行って感じたことをお聞かせ下さい?

A. 
意外と呆気ない。とはいうものの、人工物がほとんど存在しない空間にいる為か、敬虔な気持ちにさせられました。日本の生活であれこれ考えたり悩んだことも、全てが小さなことに思えてどうでも良く思えました。
また行ってみたいという気持ちもありますが、足を踏み入れてはいけないという気持ちにもなります。

色々な動物を見ましたが、日本の動物園で見るのとは違います。本来の姿であるし、数も多い。特に、ペンギンのコロニーで見た無数のペンギンは圧巻だったし、海と山を行き来する様子を間近に見られたのは良かったです。このような自然の厳しい場所に、生物がいることが不思議に思います。


Q. 不便だった事、困ったことがあればお聞かせ下さい。

A. 
自分の問題ではあるが、もっともっと英語力(英会話力)があれば楽しめたし、状況把握が楽だったと思います。また、上陸できない場合等の契約条件を確認しておけば、安心であり覚悟も出来ました。


Q.これから南極に行く人たちにアドバイスがあればお聞かせ下さい(所持品,上陸時の諸注意など)

A.

  • 天候に影響されることが大きいので、帰国時の航空便は余裕を持った選択を。
    プンタアレーナスやウシュアイアで、さらに1〜2泊程度できると安心です。
  • 荷物はホテルに置いていかず、全て船内に持ちこんだほうがいいです。
    (帰りに遅延しても、市内まで戻らず空港で解散できます)
  • 日差しがかなり強いので、日焼け止めは毎日塗るといいです。私は化粧水タイプを使用。
  • 水着を持参すると、露天風呂や海への飛び込み(!)も楽しめたのに…
    もし次回行くなら、水着を用意するつもりです。
  • 写真を撮る方は、レンズに偏光フィルターを付けるといいです。
    私は持参するのを忘れてしまい、写真の白飛びが多々あって後悔してます。
  • フライ&クルーズでドレーク海峡航行はないが、それでもフレイ基地付近は船が揺れるので2〜3日分でいいが、酔い止めがあるといいと思います。乗船初日、私は生まれて初めて乗り物酔いをしました。
  • 船内の食事はとてもおいしいので、ついつい余分に食べてしまいます。運動量は少ないから、確実に太る覚悟を。
コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。