【2014年2月出発】南極フライ&クルーズに参加された匿名希望さん体験談&写真集

南極フライ&クルーズ(2014年2月出発)に参加された匿名希望さんから、南極体験談とともに、写真集をご提供いただきました。
このお客様は、2011年の夏に弊社がご案内している≪北極スピッツベルゲンクルーズ≫にご参加いただき、感銘を受けて今回、思い立って直前に≪南極フライ&クルーズツアー≫にご参加くださいました。南極フライ&クルーズ

 

いつ頃から南極への旅を計画なさってましたか? また、その動機をお聞かせ下さい。

3年前に参加した、北極クルーズに同行の日本人スタッフから南極クルーズの体験話を聞いて、自分もいつか南極に行ってみたいと思いました。

 

今回の旅行をトライウエルに決めた、その決めては何でしたでしょうか?

  • 極地専門の旅行会社だったから
  • ホームページの情報が充実していて安心感があった 
  • コースの数が多く選択肢が広かった

 

今回の南極旅行の目的は何ですか?

  • 究極の自然に触れたい
  • 南極の写真が撮りたい
  • 南極の野生動物に遭遇したい
  • 外国の人たちと交流を深めたい

 

実際に南極に行って感じたことをお聞かせ下さい?

南極は、3年前の北極よりも広大で計り知れない極地であると感じました。

 

これから南極に行く人たちにアドバイスがあればお聞かせ下さい(所持品,上陸時の諸注意など)

やはり、船酔い止めの薬を持って行った方が良いです。日本のものは弱いので、現地で購入するか、船内のスタッフにお願いするのがベターでしょう。
このコースは往復共にフライト(航空機)であるため、難所のドレーク海峡を航海しないから、酔ってしまうことはないというのは禁物です。往路フライトのあとに、本船でサウスシェットランド諸島と南極半島をクルーズ中に、天候により、強風ともに高波が発生して、船体が揺れてしまうことがあるためです。
今回の体験では、第4日目から第5日目にかけて、夜中に船体が大きく揺れてしまい、こういうときは スタッフに教わった通りに、ベッドに横たわってじっとし、酔うことはなかったですが、 隣のキャビン(客室)では一人参加のイタリア人が酔ってしまい、朝食にものどが通りませんでした。 ですから、現地に合った船酔い止めの薬を用意した方が最善でしょう。

手袋は防寒性&防水性があるだけでなく、汚れてもよいものが好ましいです。
午前または午後の上陸アクティビティで、ロック(ROCK:岩石、岩盤、岩壁)につかまって登る(よじ登る)ケースが多いためです。添付の日の丸写真も、そこへ行く途中に、数カ所でロック(岩石)によじ登りました。

 

匿名希望さん写真集

 

南極フライ&クルーズ 南極フライ&クルーズ 南極フライ&クルーズ 南極フライ&クルーズ
※ご提供いただいた写真集は≪PDF≫でご覧いただけます
コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。