「南極フライ&クルーズ」の旅:人気の秘訣(1)快適でお手軽&魅力が凝縮

今まで<南極は船でしか行かれない場所>でしたが、近ごろでは航空機で南極半島に飛び、そこから船で巡る「フライト&クルーズ」が人気です。そこで今回、その秘密を探ろうと、フライ&クルーズツアー7日間ツアーに参加しました。
※この記事は、2012年1月2日〜1月8日に催行されたフライ&クルーズツアーに参加した弊社トライウエルインターナヨナル梶E田島和江の体験記です。


人気の秘訣、其の1:快適でお手軽&魅力が凝縮

※全ての写真はクリックすると拡大でご覧いただけます 

 

【第1日目】1月2日:プンタアレーナス(チリ)

ホテル・レイドンフェリペ(チリ プンタアレーナス)ここまで日本から約30時間以上もかかってやってきました。南極への旅は、ここ<プンタアレーナス>から出発します。

今回参加する<南極フライ&クルーズ>は、前泊のホテルが含まれており、長旅の身体を休めて、チリ時間に合わせるには、とっても良い日程です。

左写真は、<ホテル・レイドンフェリペ>。ここがクルーズ前泊&後泊に利用するホテルです。
とっても快適で清潔感があります。インターネット回線も無料!

 

プンタアレーナス(チリ)の街並みホテルにチェックインした後は、街の散策に出かけます。

右写真は、少し小高い丘から眺めた<プンタアレーナス>の町の風景。どこを歩いても安全です。

手入れの行き届いた庭が多く、色とりどりの花々を眺めるのも町歩きの楽しみのひとつです。

 

 

 

プンタアレーナス(チリ)の街並み プンタアレーナス(チリ)の街並み プンタアレーナス(チリ)の街並み プンタアレーナス(チリ)の街並み

<写真左から>
■市内のところどころにある壁面を利用した絵
■こちらも市内の歩道で見つけたKIOSKのようなものだろうか
■以前に訪れた時よりも少し色あせていたが、まだ健在。とってもユニーークなだまし絵
■町の中の小さなお店のショーウインドーに可愛いペンギングッズ

 

【第2日目】1月3日:プンタアレーナスから南極半島へ出発!

南極フライ&クルーズのフライト機<BAE146-200>いよいよ南極へ向けて出発、一番エキサイティングな日です。
本当にフライト出来るのか?南極のどんなところに航空機は降りるのか?ワクワクします。

プンタアレーナスからのチャーターフライトは指定席ではありませんが、ボーディングパスが配られます。歩いて航空機へ。
左写真は今回のフライト機<BAE146-200>70名乗り(エンジン:4ターボファン、ハニィウエル ALF502R-5)。

 

南極半島 キングジョージ島約2時間の飛行で<南極半島のキングジョージ島>に到着!気温5度。
この間を船で行くと、途中、難所のドレーク海峡を通過し、約3日間はかかるというのに、あっと言う間に南極です。
船酔いに悩まされることなく、なんと快適お手軽なことでしょう!これぞ<人気の秘訣>なんですね。

さて、滑走路のある<フレー基地>は、1969年気象基地として開設されましたが、現在では、チリの南極への玄関口として重要な場所になっています。
滑走路から基地を抜け海岸へ。ゾディアックボートに乗り、今回のクルーズ船<オーシャンノバ号>へ向かいます。

いよいよ、南極の旅の始まりです!
創る芸術的な氷河、野生動物との出会いなど、南極ならではの大自然を満喫し、かつての捕鯨地や各国の観測基地を訪問します。約5日間のクルーズですが、南極の魅力が凝縮された日程にワクワクします(^O^)/

南極半島 キングジョージ島 南極半島 キングジョージ島 南極半島 キングジョージ島 南極半島 キングジョージ島 
<写真左から>
■海岸からゾディアックボートに乗り、オーシャンノバ号へ
■今回、南極をクルーズする「オーシャンノバ号」
■ゾディアックボートからオーシャンノバ号に乗船。階段がないのでとっても安心して乗り降りできる
■乗船後、スタッフの紹介やこれからの諸注意などのオリエンテーションを受ける 

次回へつづく... 

※全て写真はクリックすると拡大でご覧いただけます 

 


←特集TOPに戻る

コース紹介
南極旅行のご案内
北極旅行のご案内
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。