キタシロカツオドリ、圧巻の巨大コロニー

カナダ マリタイム冒険

 

キタシロカツオドリ、圧巻の巨大コロニー 〜ケベック州ボナベンチャー島〜

【5日目】 7月20日(水)18℃ 晴れ

ボナベンチャー島の目の前には、この地のランドマークとなっている奇岩「パースロック」があります。このツアーでは、ゾディアックボートでパースロックと周辺を巡ります。間近くで眺める岩に圧倒されます。対岸の島に目をやると崖に巣をつくっているハシブトウミガラスが、岸部にはアシカの姿を見ることができました。

島全体が保護地区となっているボナベンチャー島には、専門ガイドの諸注意を聞いてから入島します。一周約5〜6Km、ほとんど高低差は無く、ハイキング歩道が整備されています。ショートコース、ミドルコース、島一周コースがあり、各々に分かれて行動します。私は島一周コースを選択しました。約30分弱歩くと島でのハイライト、キタシロカツオドリの巨大なコロニーに到着。コロニーは3か所ほど。崖上一面を覆いつくす様は圧巻です。見学小屋やフェンスをとおして、鳥たちまでわずか1mほどの至近距離!見学場所はいくつかあり、高さ3〜4mほどの火の見櫓から眺めることもできます。親鳥の大きさは5〜70cm、雛は2〜30cmほど。この時期はちょうど子育ての真最中。親鳥が海から持ち帰えった餌を雛に分け与えている姿が見られます。

 

カナダ マリタイム冒険

【写真】ボナベンチャー島。こんなに近くでキタシロカツオドリのコロニーを観察できるのが驚きです。バードウォッチング愛好家でなくとも時間を忘れてしまいます。


BONAVENTURE ISLAND ボナベンチャー島
1985年にケベック州でパースロック(奇岩)とボナベンチャー島が国立公園に指定されました。漁業が盛んな島でしたが、現在では渡り鳥の保護区となっており、5月から10月まで観光客が訪れます。特にキタシロカツオドリのコロニーは、世界で最も近づきやすい保護区として知られ、28万羽以上のコロニーが観察できます。また、ミツユビカモメ、大カモメ、オオハシウミガラス、コシジロウミツバメ、鵜、ウミガラス、アジサシ、ウミバト、ウミスズメ、オーク、ミミヒメウ、ツノメドリ、カナダコガラ、ウグイスなどが棲息、293種類が観察されています。

 


Infomation

体験談でご紹介の「カナダ マリタイム冒険」が催行されます。
この機会に是非、カナダ北東部の魅力をご体感ください。

カナダ マリタイム冒険 

≪ワンオーシャン・エクスペディションズ社主催≫
カナダ マリタイム冒険11日間


体験記:06

ケベック州アンティコスティ島【6日目】ケベック州アンティコスティ島

人を拒絶するかのように険しく聳える岸壁

アンティコスティ島は周囲を高い岸壁に囲まれた島。上陸可能な岸にも、むき出しの荒い岩相が見られ、まるで入島を拒むかのようです。岸近くでは白骨と化した木々がこの地の厳しさを物語っています。



←「カナダマリタイム冒険」、秘境中の秘境を訪ねる感動の旅TOP


コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。