まるで絵画のよう、風光明媚な避暑地 

カナダ マリタイム冒険

 

まるで絵画のよう、風光明媚な避暑地 〜ノバスコシア州マクダーレン島〜

【4日目】 7月19日(火)19℃ 晴れ

マクダーレン島に上陸した後、サイクリング組とバス観光組に分かれました。私はバス観光組に参加。最初の訪問場所は、チーズ工場。1997年にこの地にやってきたカナダ人が牛60頭から初めた事業です。何種類かのチーズを試食させていただきました。どれも風味がありとってもおいしかったです。

次に灯台に向かいました。草深い半島の先端に、海原に向かって小さく佇む色あせた灯台は、「私はここにいるよ」と呼んでいるようです。海岸線の赤土がむき出しになった岸壁が印象的です。崖沿いに棲息する海鳥の多さにも驚かされます。

ウォーターフロントに並ぶ手入れが行き届いたカラフルな家々、浜に浮かぶボート、草原一杯に広がる花畑、…夏の明るい日差しの中、小さな漁村はどこをとっても絵画のようでした。


カナダ マリタイム冒険

【写真】マクダーレン島。避暑地にふさわしく美しい景観にあふれています。


ISLES DE LA MADELEINE マクダーレン島
ノバスコシア州に属するマクダーレン島は、人口は、約12,800人(2011年)。住民は、400隻以上の難破船の生存者の子孫が多いと言われており、灯台が設立されてから難破船は減少しました。15世紀半ばに初めてヨーロッパ人がこの島々を発見したときには、何世紀もの間セイウチを生業にしていたミックマック族(カナダ東海岸に居住するアメリカ先住民)の地でした。今ではケベック人やアカディア人の文化が地元料理や工芸、言葉を通して強く感じられる場所でもあります。現在では、タテゴトアザラシ見学や海水浴、シーカヤック、ウインドサーフィン、サイクリングなどの観光地として知られています。

 


Infomation

体験談でご紹介の「カナダ マリタイム冒険」が催行されます。
この機会に是非、カナダ北東部の魅力をご体感ください。

カナダ マリタイム冒険 

≪ワンオーシャン・エクスペディションズ社主催≫
カナダ マリタイム冒険11日間


体験記:05

ケベック州ボナベンチャー島【5日目】ケベック州ボナベンチャー島

キタシロカツオドリ、圧巻の巨大コロニー

奇岩「パースロック」はこの地のランドマーク。島でのハイライト、崖上一面を覆いつくすキタシロカツオドリの巨大コロニーは圧巻です。わずか1mほどの至近距離で鳥たちの観測ができます。



←「カナダマリタイム冒険」、秘境中の秘境を訪ねる感動の旅TOP

 



コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。