南極点フライト6・7日間

憧れの南極点へひとっ飛び!     南極点フライト

 

主催ALE

お一人様より安心してご参加いただけます。障害をお持ちの方や持病を抱えている方でもご参加いただけるコースです。

キャンプ地から南極点への飛行時間は約4〜6時間。眼下に広がる、サスツルギと呼ばれる風が織り成す雪の風紋やクレバスの氷原や果てしなく広がる白い世界を堪能いただけます。
そしていよいよ南緯90度、地理上の南極点へ。米国基地内の見学では科学者達との交流や記念品の購入ができます。南極スタンプも良い記念となるでしょう。

<ツアーポイント>  ・南極点訪問と南極大陸探検 ・南極点では米国基地内見学 ・キャンプ地では各種オプションをご用意 ・お一人様より安心してご参加 ・障害をお持ちの方や持病のある方でもご参加可能

日程表ボタン.jpg 出発日・料金早見表ボタン.jpg 

 お一人様でも安心して日本からご出発! 日本発着までの送迎ガイド・オプション>ご案内

 


 

 

南極大陸に向けての準備

 

◆出発予定の2日前までにプンタアレーナス到着

@持ち物検査
極寒地:大陸で必要とされる衣服や医薬品、小物雑貨類、重量など、(事前に大きな荷物は預けておく)

A防寒服レンタルのサイズあわせ
ANI事務所内:上下の防寒服・長靴・寝袋など

B市内会場での説明会
南極行きのフライトやキャンプ地(ユニオン・グレッシャー)の諸注意や参加者紹介

 


日程のご案内

 

1日目:南極大陸へ出発

専用バスにてホテルより空港へ。
(一時間以内にご案内致しますのでご指定ホテルにて待機していてください)
空港では通常のレギュラーフライト同様、セキュリティー、正式な通関手続きが行われます。
標高約750mのユニオン・グレッシャーに到着。
着後専用車にて8Km離れた宿舎(キャンプ)へ。

2日目:ユニオン・グレッシャーキャンプでのオリエンテーション

◎午前中オリエンテーション
南極大陸での環境・安全について、大陸での時間、南極点への天候や最新情報について、又これからのキャンプ地の活動内容や施設についてご案内致します。
【宿泊:ユニオングレッシャーキャンプ】
ユニオングレッシャーキャンプでは、心地よい快適な宿泊施設が整っております。 宿泊は、テントとなりますが、テント内にはシングルサイズのベッドが2つ。2名様利用で1つのテントとなります。その他に広いダイニングテントには、新鮮な食材を使った食事をご用意。 厳しい南極の環境にあった施設が施されています。オープンシーズンは、南極の夏期11月から1月までとなりシーズン終了後には、すべて撤去し跡形もない自然へと戻します。

3−6日目:南極点訪問と南極大陸探検

気候や準備が整い次第南極点に向けて出発。南極大陸での短い滞在を思う存分楽しんで下さい。

◎南極点フライト日

最終気象チェックがパイロットとガイドによって確認された後、出発。
※フライト日の日程が大幅に変更となる場合があります。
ユニオングレッシャーから南極点への飛行時間は約4〜6時間。
(利用する航空機により異なります)

眼下には、サスツルギと呼ばれる風が織り成す雪の風紋が見られます。
クレバスの氷原や果てしなく広がる白い世界をご堪能下さい。

南緯90度に近づくと南極点基地が見えてきます。南極点にある米国の科学基地(アムンゼン・スコット基地)です。外気は−35℃から−25℃です。

到着後、米国基地内見学へ。基地内では科学者達との交流、ショップにも立ち寄ります(Tシャツ、バッジなどのお土産があります)。南極スタンプも良い記念となるでしょう。

基地内訪問後に、地理上の南極点へと戻ります。ここは3,000mもの厚い氷の上に立っているのです。南極点到達おめでとうございます。ここで、写真撮影の時間や黙想の時間を楽しみましょう。

※【南極点で宿泊体験】コースをご用意しています。

今回のツアーでは、南極点・南緯90度で一泊(キャンプ)を体験するコースをご用意しました。南極点で過ごす一日は生涯忘れえぬ思い出となることでしょう。〔詳細はこちらから

◎ユニオングレッシャー

ユニオングレッシャーでは各自ご自由にお過ごし下さい。
※野外活動日程については、すべて天候次第となります。常に臨機応変さが必要です。
専門ガイドが気象状況に合わせて日程を組んでいきます。

7日目:プンタ・アレーナスへ

天候次第となりますが、条件が整えばプンタ・アレーナスからユニオングレッシャーまで飛行機が到着。
プンタ・アレーナス到着後専用バスでホテルへ。
翌日、各自帰国の途へ。

※6日間コースでは、ユニオングレッシャーの滞在が1日短くなります。

 

■ご注意事項

この旅行は南極大陸への探検ベースキャンプ(ユニオン・グレッシャー)から南極点までの旅です ここは、地球上でもっとも孤立しており、又、もっとも風の強い大陸です。上記日程に基づく活動内容となりますが、現地の状況、機体状況、天候の具合によりANIスタッフの裁量で余儀なく変更せざるをえない場合がありますので、ご了承下さい。

プンタ・アレーナス行きのフライトが遅延した場合には、ユニオン・グレッシャーでの宿泊サービスが受けられます。南極旅行では遅延は日常茶飯事です。

出発コース日の2日前までに、プンタアレーナスに到着し、準備を整えます。

※帰国予定の1週間先まで重要な予定や約束事を入れることはお控え下さい。

 

写真提供:ANI/B&C Alexander,David Rootes


【南極点で宿泊体験:概要】

南極点は、現代の冒険家達や極地研究の中心地です。まさにそんな場所に自分自身も体験できるのです。南極点まで航空機で飛び大陸内のキャンプ地に向かいます。スキーで南極点を目指す冒険家達との出会いもあるでしょう。彼らの冒険談に耳を傾けるのも楽しいひとときです。また、リラックスして自分を見つめる時間にあててもよいでしょう。心ゆくまでゆったりとご自由にお過ごしください。
セレモニーポール前で記念撮影をとりましょう。アムンゼン・スコット基地内では、専門ガイドがご案内致します。南極の自然環境から宇宙の起源まで幅広く研究している施設を見学します。ロアルド・アムンゼンやロバート・ファルコン・スコットの歴史的快挙を成し遂げた場所であることに思いをはせてみてください。
この周辺は、標高3,350m気温−30℃の世界です。ここで探検用のテントで一泊し、冒険家になった気分を体験してください。地球の真下て宿泊すると南極点へのチャレンジや冒険心、好奇心がさらに増してくるはずです。このユニークな企画は、あなたにとって一生涯忘れえぬ貴重なる経験となるはずです。

第1日目:航空機で南極大陸へ出発

チリ・プンタアレーナスからチャーターフライト機で南極へと向かいます。(飛行時間約4時間半)自然の青氷の滑走路に到着後、専用車でユニオン グレッシャーキャンプ地へ

≪宿泊:ユニオングレッシャーキャンプ≫
ユニオングレッシャーキャンプでは、心地よい快適な宿泊施設が整っております。 宿泊は、テントとなりますが、テント内にはシングルサイズのベッドが2つ。2名様利用で1つのテントとなります。その他に広いダイニングテントには、新鮮な食材を使った食事をご用意。 厳しい南極の環境にあった施設が施されています。オープンシーズンは、南極の夏期11月から1月までとなりシーズン終了後には、すべて撤去し跡形もない自然へと戻します。

第2日目:南極大陸 順応日

今日は、南極大陸の環境に順応する日にあてます。キャンプ地では、南極大陸での過ごし方やこれからの活動、環境、諸注意などについてのオリエンテーションがあります。

第3日目:南極点へフライト&宿泊

ユニオングレッシャーから南極点への飛行時間は約4〜6時間。(利用する航空機により異なります) 南極点にあるANIのキャンプ地へ向かいます。ここには、暖房の効いたテント内で暖かいお食事や宿泊設備が整っています。
南極点では、標高約3,300mです。息ぎれがしたり頭痛がするなど少しばかり高山病の症状を感じるかもしれません。初日は、ゆっくりと過ごしましょう。身体をゆったりと休めこの環境に順応していきましょう。

≪南極点キャンプ≫
ANIの極点キャンプでお過ごしいただきます。気温−30℃ 標高約3,300mです。
キャンプ内の施設は、南極の自然環境を損なわないように気を配りながら可能な限り快適にお過ごしいただけるよう工夫が施されています。食事は、暖房付テントでご用意させていただきます。また、室内での活動日程やリラックスできる空間がございます。宿泊は、登山用テントで2名で一つのテントを利用します。テントには、暖房はございませんが、快適な極地仕様の寝袋やスリーピングマットをご用意しております。


第4日目:地球の真下に立つ

午前・午後とさまざまな活動日程をご用意しています。南極点セレモニーポールで記念撮影、南極点アムンゼン・スコット基地内のビジターセンターや基地内見学、南極関連レクチャー、DVDによる南極プレゼンテーション、ゲームやその他、専門ガイドによる活動をご案内します。
朝食と昼食は、暖かいテント内で召し上がっていただきます。午後にユニオングレッシャーまでのフライトを待つ間にもリラックスしていただけるように工夫された設備となっています。
ユニオングレッシャー到着後には、到達記念のお祝いのディナーをいただきましょう。
くれぐれも周囲の環境に気を配りながら行動してください。また、ここ南極大陸は、歴史的価値、科学、環境保護のための南極特別管理地域に指定されています。最終案内でお渡しする「南極へ旅行する旅行者の為のガイドライン」に目を通しておいてください。

第5-6日目:南極大陸

2日間はご自由に南極大陸をお過ごしください。リラックスしていただいても周辺へのエクスカージョンに出かけてみるのも良いでしょう。ガイドがご案内します。テント内で冒険家や研究者の体験談を聞くチャンスもあるでしょう。

第7日目プンタアレーナスへ

天候次第となりますが、条件が整えばプンタ・アレーナスからユニオン・グレッシャーまで飛行機が到着。フライトが確実となると、スタッフがプンタ・アレーナスの宿泊予約を取ります。
航空機には、他の冒険者や研究者達のグループがご一緒です。プンタ・アレーナス到着後専用車でホテルへ
翌日、各自ホテルの清算をしていただき、帰国の途へ 

 

■ご注意事項

この旅行は南極大陸への探検ベースキャンプ(ユニオン・グレッシャー)から南極点までの旅です ここは、地球上でもっとも孤立しており、又、もっとも風の強い大陸です。上記日程に基づく活動内容となりますが、現地の状況、機体状況、天候の具合によりANIスタッフの裁量で余儀なく変更せざるをえない場合がありますので、ご了承下さい。

プンタ・アレーナス行きのフライトが遅延した場合には、ユニオングレッシャーでの宿泊サービスが受けられます。南極旅行では遅延は日常茶飯事です。

出発コース日の2日前までに、プンタアレーナスに到着し、準備を整えます。

※帰国予定の1週間先まで重要な予定や約束事を入れることはお控え下さい。

 


←南極点フライト6・7日間 TOP

2016-17年:南極点フライト6・7日間(SP1〜4)/ツアー期間・料金

※本コースは航空機利用、6日間または7日間の現地発着ツアーです。

利用機体:イリュージンIL76機(ロシア)

◎コース : 南極点フライト

◎ゲートシティ : プンタアレーナス(チリ)

日本からゲートシティまでのおすすめフライト情報はこちら

 

南極点フライト6・7日間
コード番号 期 間 料 金
SP1 2016年12月7日〜12月12日(6日間)

US$48,150

SP2 2016年12月12日〜12月18日(7日間)
SP3 2016年12月29日〜2017年1月3日(6日間)
SP4/キャンプ 2017年1月3日〜1月9日(7日間)

US$52,350

※【SP4/キャンプ】のコースは、南極点で1泊テント泊の宿泊体験コースです。(詳細はこちらから

 

◆ご注意事項 

この旅行は南極大陸への探検ベースキャンプ(ユニオン・グレッシャー)までの旅です。

ここは、地球上でもっとも孤立しており、又、もっとも風の強い大陸です。上記日程に基づく活動内容となりますが、現地の状況、機体状況、天候の具合によりANIスタッフの裁量で余儀なく変更せざるをえない場合がありますので、ご了承下さい。

プンタ・アレーナス行きのフライトが遅延した場合には、ユニオン・グレッシャーでの宿泊サービスが受けられます。南極旅行では遅延は日常茶飯事です。

  • 大陸へのフライトは天候次第となります。
  • ご出発の2日前までには、プンタアレーナスに到着し準備する事が必要です。
  • お帰りのフライトも天候次第となりますので、その後2週間ぐらいまでは余裕をもって、重要なスケジュールは組み込まないようにして下さい。
  • 海外旅行傷害保険(治療・救援費用付)にご加入いただきます。
  • 料金は変更になる場合もございます。お申し込み時に再度ご確認下さい。 

 

料金に含まれるもの:

  • プンタアレーナスでの出発前の説明会(クッキー&コーヒー付)
  • 南極大陸行きフライトの往復(プンタアレーナス市内ホテル⇔空港間)の送迎代金 
  • プンタアレーナス⇔南極大陸間往復の航空券代金 
  • 日程に記載された、大陸内でのすべてのフライト代金
  • 南極大陸内における食事、宿泊代金

 

料金に含まれないもの:上記以外すべて/一部を列記します

  • プンタアレーナス(チリ)までの国際線往復の航空券代金
  • プンタアレーナス滞在中の食事代、宿泊代
  • 空港の送迎代(南極大陸へ向けての空港間送迎を除く)
  • 個人的性質の装備品、防寒服、スキー、ブーツ、ストックなど(防寒服1式はレンタルが可能です)
  • フライト遅延時のプンタアレーナス滞在時にかかる諸経費(食事代、宿泊代など)
  • 海外旅行傷害保険代金(治療・救援費用を含む)
  • 南極大陸内で衛星電話を利用する場合の通信費用
  • 大陸内行き航空機及び小型航空機の荷物超過料金にかかる費用  

南極点フライト6・7日間 TOP

日本発着までの送迎ガイド・オプション

お1人様でも安心して日本からご出発!ご参加いただけます。

南極点フライトコース(6・7日間)

日本発着までの送迎ガイド・オプション

手配料金:有料 (別途お問い合わせください)

 

 南極点に行きたいが...

日本出発から個人で行くにはとっても不安。
航空機の乗り換えや入出国が不安。現地の言葉もわからない。
そして初めての国。説明会の参加も不安。

そんな不安を解消!ご参加予定の方に朗報です!

 

日本出発から現地、プンタアレーナスまでの往復及び現地説明会場までの付き添い、ガイドと通訳などのお手伝いを致します。勿論、南極大陸から戻ってからのホテル、航空券のリコンファームなどもお手伝いします。そしてご一緒に日本へ帰国。最初から最後まで(南極大陸内を除く)お世話致します。

お1人様から受付ます。詳しい料金についてはお問い合わせください。
※南極大陸内は、催行人数に達しましたら日本人ガイドがお世話致します。(追加料金なし)

■南極点フライト6・7日間 【旅の詳細はこちらから

コース紹介
南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。