【2014.02】世界初挑戦!南極トライアスロン&南極マラソン 日本人全員完走 

<南極トライアスロン 世界初挑戦!日本人全員完走>
南極アイスマラソン&トライアスロン南極トライアスロン 世界初挑戦!マラソン日本人全員完走

平成26年2月吉日

各位殿 

株式会社トライウエルインターナショナル

 

米国のアンタルクティク ロジスティック エクスペディションズ社(アドベンチャーネットワーク)協力、リチャード・ドノバン主宰の2013年度南極大陸アイスマラソン(2013年11月19日発 5日間)に日本人男性6名で結成したチームが参加、フルマラソン、トライアスロンともに全員無事完走した。

※参加者6名の手配は、極地旅行(南極・北極)専門会社、潟gライウエルインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役社長田島和江)。


「南極アイスマラソン&トライアスロン」は、11月20日、南極の初夏、開催地の平均気温マイナス20度の世界で繰り広げられた。世界中から18か国50名が集まり公式のフルマラソン・ハーフマラソン・100Kmマラソンが開催された。日本人の参加者は、3番目に多い総勢10名。その中でも、日本人6名が参加した世界初開催のトライアスロンが注目を浴びた。このイベント終了直後に、各メディアを通して世界中へと発信され、TVアルジャジーラでは、特別番組が放映された。

南極大陸は、地球上で一番厳しい自然環境にある。晴天であれば問題ないが、一度風が吹くと地球上でもっとも風が強く、もっとも乾燥している、極寒世界。風をよける場所もないまさに地球上に残された原生地域、360度、白い世界が広がる氷雪大陸である。もちろん、マラソンの開催は、好天日に行われ、安全第一に医師をはじめ伴走車やスタッフによる万全のサポート体制が整っている。

≪2013年度 レース結果≫

  • フルマラソン 男子 
    1位 Petr Vabrousek (チェコ) 3時間34分47秒
    2位 Alistair McLaren (オーストラリア) 3時間56分54秒
    3位 Daniel Palko (スロバキア) 4時間18分18秒

    最下位Michael Sicard (米国) 9時間04分38秒

 

  • フルマラソン  女子 
    1位 Fiona Oakes (英国) 4時間20分02秒

    最下位Jennifer Sicard (米国) 9時間04分38秒

 

  • ハーフマラソン 
    男子 1位 Rob Taylor (英国) 2時間22分30秒
    女子 1位 kazue Tajima (日本) 4時間45分11秒

 

  • 100kmマラソン 
    男子 1位 Petr Vabrousek (チェコ) 11時間21分46秒
    女子 1位 Audrey Mclntosh (英国/スコットランド) 17時間19分51秒

 

参加者の条件は、寒冷地での走りまたは歩きが可能なこと。障害者でも参加が可能。
これこそ、7大陸最後の夢を実現、一生涯の思いで作りの究極のチャレンジマラソンである。
自然を慈しむ心があれば、誰でも大歓迎してくれる地球上最後に残された大陸。 

本年度の南極大陸アイスマラソン(2014年11月19日〜23日 5日間コース)は、すでに完売。2015年度の受付が開始されている。参加人数に限りがあるため早めのエントリーが必要である。

プレスリリースPDF

 

2015年度 南極大陸アイスマラソン

  • 2015年11月19日〜23日・5日間コース
  • 旅行費用未定
  • チリ プンタアレーナス発着

≪本件に関するお問い合わせ≫
潟gライウエルインターナショナル
TEL :03-3498-2926      E-mail:travel@trywell.co.jp  http://www.polarcruise.jp

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。