【2020-21年】フォークランド諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

 

【2020-21年】
フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

 

フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間イメージ


南極まるごとアドベンチャー
南極旅行で「すべてを体験・見てみたい」と望むのであればこのコースはうってつけです!南極圏を横断するばかりでなく、通常の南極クルーズより南方へとさらに航行します。また、フォークランド諸島やサウスジョージア島では、固有の野生動物の見学があります。広大な景観や今までに見たこともないような野生動物の観察のチャンスや歴史的な遺跡見学も含まれているコースです。
≪ツアーポイント≫
  • 船・ゾディアックボート、徒歩で南極半島に上陸して7大陸を制覇
  • 豪華客船と探検船が程よくブレンドされた快適な船を利用・船内の専門家による野生生物や歴史・地質などのレクチャー
  • 「極地のガラパゴス」と呼ばれているサウスジョージア島の驚異の野生生物を見学。(4種類のペンギン、30種類以上の鳥類など)
  • フォークランド諸島の古き良き英国を思わせるポートスタンレー散策
  • サウスジョージア島でシャクルトンの足跡と捕鯨基地見学
  • 南極圏を通過
  • シーカヤック(オプション)やハイキング、スノーシューを楽しむ


クォーク社主催
オーシャン・ダイヤモンド号
お申込みコード 旅行期間 料金
OD9   2020年12月18日〜2021年1月9日 US$16,495〜US$29,995


概略日程
1日目 ウシュアイア(アルゼンチン)

フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間クルーズマップ

2日目 乗船
3日目 海上
4-5日目 フォークランド(マルビナス)諸島
6-7日目 海上
8-11日目 サウスジョージア島
12-13日目 海上
14-16日目 南極半島&サウスシェットランド諸島
17-18日目 南極圏
19-20日目 南極半島に沿って北方へ
21-22日目 ドレーク海峡通過
23日目 ウシュアイア/下船

見どころのご案内ボタン.jpg

詳細日程がご覧いただけます

2020-21年:〔オーシャン・ダイヤモンド号〕23日間(OD9)/ツアー期間・料金

フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

※本コースは船内21泊23日の現地ツアーです。

オーシャン・ダイアモンド号

オーシャン・ダイアモンド号(OD)

デッキのご案内   

◎航海コース : フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)クルーズ
◎ゲートウェイ : ウシュアイア(アルゼンチン)
◎出・帰港地 : ウシュアイア(アルゼンチン)

日本からゲートシティまでのおすすめフライト情報

 


フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

【OD9】2020年12月18日〜2021年1月9日:OP

トリプル

US$16,495

ツイン (パーシャルビュー)

US$23,995

ツイン(四角窓)

US$25,495

スイート

US$26,995

シングル(丸窓)

US$29,995

シングル(パーシャルビュー)

US$29,995

バルコニースイート

US$28,495

 

◆特典&ご注意事項

  • 上記の料金には、第一日目(ウシュアイア泊)のホテル代金が含まれております。
  • 上記の料金には、ウシュアイアの空港から第一日目(ウシュアイア泊)のホテルまでの送迎、ウシュアイア市内の指定場所から桟橋まで、及び下船後桟橋から空港(午前便のみ)への送迎が含まれます。
  • クルーズ期間中は長靴を無料でレンタル致します。
  • 防寒服(パーカー)はプレゼント致します。
  • 上記のコースはオプション付きとなります。
    OP:カヤック(US$995)、パドリング(US$295)、キャンプ(US$295)
  • ヨガ教室、ウエルネスプログラム有り。

 

  • 料金は予告なく変更される場合もございます。ご予約時に必ずご確認下さい。
  • 上記料金は日本発着の国際航空券代金は含みません。
  • ご予約金はクルーズ代金の20%(最低US$1,000)となります。クルーズ代残金はクルーズ開始日の120日前までにお振込み下さい。
  • ゲートウェイ発着のフライト便は充分な接続時間のある便をご予約下さい。又、帰国フライトへの接続には、午後発のフライト便でご予約願います。
  • 原油価格が高騰した場合は燃油サーチャージが発生する場合があります。

 

 

【2021-22年】フォークランド諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

 

【2021-22年】フォークランド(マルビナス)諸島、
サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

 

フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間イメージ


南極まるごとアドベンチャー
南極旅行で「すべてを体験・見てみたい」と望むのであればこのコースはうってつけです!南極圏を横断するばかりでなく、通常の南極クルーズより南方へとさらに航行します。また、フォークランド諸島やサウスジョージア島では、固有の野生動物の見学があります。広大な景観や今までに見たこともないような野生動物の観察のチャンスや歴史的な遺跡見学も含まれているコースです。

≪ツアーポイント≫
  • 船・ゾディアックボート、徒歩で南極半島に上陸して7大陸を制覇
  • 豪華客船と探検船が程よくブレンドされた快適な船を利用・船内の専門家による野生生物や歴史・地質などのレクチャー
  • 「極地のガラパゴス」と呼ばれているサウスジョージア島の驚異の野生生物を見学。(4種類のペンギン、30種類以上の鳥類など)
  • フォークランド諸島の古き良き英国を思わせるポートスタンレー散策
  • サウスジョージア島でシャクルトンの足跡と捕鯨基地見学
  • 南極圏を通過
  • シーカヤック(オプション)やハイキング、スノーシューを楽しむ


クォーク社主催
オーシャン・ダイヤモンド号
お申込みコード 旅行期間 料金
OD5   2021年12月27日〜2022年1月18日 US$19,495〜US$34,495


概略日程
1日目 ウシュアイア(アルゼンチン)

フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間クルーズマップ

2日目 乗船
3日目 海上
4-5日目 フォークランド(マルビナス)諸島
6-7日目 海上
8-11日目 サウスジョージア島
12-13日目 海上
14-16日目 南極半島&サウスシェットランド諸島
17-18日目 南極圏
19-20日目 南極半島に沿って北方へ
21-22日目 ドレーク海峡通過
23日目 ウシュアイア/下船

見どころのご案内ボタン.jpg

詳細日程がご覧いただけます

2021-22年:〔オーシャン・ダイヤモンド号〕23日間(OD5)/ツアー期間・料金

【2021-22年】フォークランド諸島、サウスジョージア&南極半島
(南極圏横断)23日間

※本コースは船内21泊23日の現地ツアーです。

オーシャン・ダイアモンド号

オーシャン・ダイアモンド号(OD)

デッキのご案内   

◎航海コース : フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)クルーズ
◎ゲートウェイ : ウシュアイア(アルゼンチン)
◎出・帰港地 : ウシュアイア(アルゼンチン)

日本からゲートシティまでのおすすめフライト情報

 


フォークランド(マルビナス)諸島、サウスジョージア&南極半島(南極圏横断)23日間

【OD5】2021年12月27日〜2022年1月18日:OP

トリプル

US$19,495

ツイン (パーシャルビュー)

US$27,995

ツイン(四角窓)

US$29,495

スイート

US$31,995

シングル(丸窓)

US$34,495

シングル(パーシャルビュー)

US$34,495

バルコニースイート

US$33,495

 

◆特典&ご注意事項

  • 上記の料金には、第1日目(ウシュアイア泊)のホテル代金が含まれております。
  • ウシュアイアの空港から第一日目(ウシュアイア泊)のホテルまでの送迎、ウシュアイア市内の指定場所から桟橋まで、及び下船後桟橋から空港(午前便のみ)への送迎が含まれます。
  • クルーズ期間中は長靴を無料でレンタル致します。
  • 防寒服(パーカー)はプレゼント致します。
  • 上記のコースはオプション付きとなります。
    OP:カヤック(US$995)、パドリング(US$295)、キャンプ(US$295) 
    ※ヨガ教室、ウエルネスプログラム有り   

 

  • 料金は予告なく変更される場合もございます。ご予約時に必ずご確認下さい。
  • 上記料金は日本発着の国際航空券代金は含みません。
  • ご予約金はクルーズ代金の20%(最低US$1,000)となります。
  • クルーズ代残金はクルーズ開始日の120日前までにお振込み下さい。
  • ゲートウェイ発着のフライト便は充分な接続時間のある便をご予約下さい。また、帰国フライトへの接続には午後発のフライト便でご予約願います。
  • 原油価格が高騰した場合は燃油サーチャージが発生する場合があります。

 

 

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。