極地へ!「未知への憧れ」を胸にパタゴニア&南極の旅 〜山部一実さん体験レポート〜

2015年12月、南極フライ&クルーズ「究極の南極クルーズ:皇帝ペンギン&キングペンギンとの遭遇12日間ツアー」にご参加された山部一実さん。その後、パタゴニア地方をバスで旅するという貴重な体験談をお送りいただきました。


パタゴニア、南極に寄せる思い

南極フライ&クルーズに参加された山部一実さんアルプスやヒマラヤを目指す者の記憶に残る登山家としてイヴォン・ショウイナードの名前を忘れることはできません。その彼が1970年代の初めにパタゴニアの山旅に旅立ったのは何故かというと、「未知への憧れ」(知らないところへ行ってみたい)がその本質であったに違いありません。私の山旅もまさしく「未知への憧れ」そのものでした。そして極地に行きたい、という思いでした。

当時医大の山岳部のキャプテンをしていた私は何かの山の本で見たパタゴニアの写真に虜になりました。それは、1958年(昭和33年)  神戸大学  パタゴニア登山隊 の報告書だったと記憶しています。「パタゴニア」への思いはそれ以来ずっと絶えることなく私の脳裏に刻まれていましたが、今回、南極への旅行を契機にその宿題を果たすことも、この旅の強い動機でもありました。

Tierra Fuego National Park(ティエラ・デル・フエゴ国立公園)はその思いとは裏腹にまるで上高地の賑わいを見せるかのような観光地化された場所となっていましたが、しかし観光バスの路線から離れた幾本かのトレッキングルートは静けさと冷気に満たされ私の思いを満たしてくれました。真っ白な氷の世界の南極は、パタゴニアの連山とオーバーラップした記憶のなかで今でもふと蘇ってきます。

山部 一実


旅行スケジュール

  旅行期間:2015年12月26日〜2016年1月15日
山部一実さん旅行マップ
※画像をクリックすると拡大でご覧いただけます。

2015年12月26日
       〜12月28日
■航空機にて移動
福岡空港:国内線利用→羽田空港:カタール航空利用→DOHA(ドーハ/カタール)国際空港→BUENOSAIRES(ブエノスアイレス/アルゼンチン):ラン航空利用→SANTIAGO(サンチャゴ/チリ)→Punta Arenas(プンタアレーナス/チリ)
<ブエノスアイレスにて1泊&プンタアレーナスにて1泊>
2015年12月29日
2016年1月9日
■【南極フライ&クルーズ】究極の南極クルーズ12日間
プンタアレーナス→(フライト)→キングジョージ島・乗船/プンタアレーナス下船
<船内11泊>
2016年1月10日
       〜1月12日
■バス旅&パタゴニア観光
プンタアレーナス(チリ)→Fuego島→アルゼンチン入国→Ushuaia(ウスワイア)Parque 
Nacional Tierra del Fuego(ティエラ・デル・フエゴ国立公園)観光
<ウスワイアにて2泊>
2016年1月12日
    〜1月15日
航空機にて移動 
USHUAIA(ウスワイアアルゼンチン):アルゼンチン航空利用→BUENOS AIRES(ブエノスアイレスアルゼンチン):カタール航空利用→DOHA(ドーハカタール)→羽田空港:国内線利用→福岡空港

レポート

山部さんの旅への思いがまとめられたレポート(PDF)がご覧いただけます。
  


(1)南極への旅の記録

南米大陸最南端、アルゼンチンとチリの両国に跨るパタゴニア地方の先、荒れ狂うドレーク海峡を超えると、地球上最も過酷な地、南極大陸がある。しかし現在、この究極の地「南極」へさえも観光できるというから驚きだ。今回は、往路にチャーター機でドレーク海峡を飛び越える「フライ&クルーズ」で南極の地へ向かった。
チャーター機で到着したのは、サウス・シェトランド諸島キングジョージ島。その目と鼻の先に南極半島がある。


山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ 山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ
山部一実さん南極フライ&クルーズ

 

南極(1)

南極(2)

 

  12日間に渡る南極旅行の写真集です。南極の見どころが、美しい写真とコメントでご覧いただけます。


(2)ローカルバスの旅

南極旅行終了後に、帰着地点のプンタアレーナス(チリ)からウスワイア(アルゼンチン)まで現地ローカルバスにて所要約10時間かけて移動。かなり大変な移動と思いきや、バスは窓が大きく快適で、道路も特にアルゼンチンの国境を越えてからはしっかりと整備されているのであまり揺れずにパタゴニアの景色を見ながら楽しく過ごせる。途中マゼラン海峡を越えてフエゴ島に入る際には、バスごとフェリーに乗って移動するなど、面白い体験ができる。

 

山部一実さん南米バス旅行
山部一実さん南米バス旅行
山部一実さん南米バス旅行
山部一実さん南米バス旅行
山部一実さん南米バス旅行
山部一実さん南米バス旅行
   

バス旅

ローカルバスの旅の様子が写真とコメントでご覧いただけます。

プンタアレーナス

チリの首都サンチャゴから2400Kmほどの南に位置する。パタゴニア南部最大の都市。人口約13万人。南極へ航空機で移動するコースは、ここを発着とする事が多い。

ウスワイア

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから南に3250Kmほど離れた「世界最南端の都市」。南極クルーズのほとんどコースがここを発着地とする。アルゼンチン側のフエゴ島の中心都市。一年中風が強く吹く場所。坂の街で、海沿いの通りから山に向かって急な坂道となる。南極旅行のシーズンは、各国から観光客が訪れて街は賑やかになる。街の中心地にはお土産屋さんや各種商店、シーフード料理をはじめとするレストランも数多く点在する。この地方で有名なシーフードはタラバガニ料理の「セントージャ」。

フエゴ島

1520年、探検家マゼランが命名。南米大陸からマゼラン海峡によって隔てられた島。九州より一回り大きくしたサイズで、アルゼンチン領とチリ領で二分されている。

 

(3)ティエラ・デル・フエゴ国立公園
 (Tierra Fuego National Park/Parque Nacional Tierra del Fuego)

ウスワイアの中心部から約12Km。広さは東京都の3分の1程度。1960年に国立公園に指定された。90種類以上の動物や、南極ブナの森林などが楽しめる。公園内は高低差が少なく、ハイキングやトレッキングもオススメ。フエゴ島の自然を満喫できる。また、ビーグル水道や数多くの岩島も公園内から展望できる。一方、チリにまたがるロカ湖(Lago Roca)では、チリ国境まで行くトレイルが敷かれており、湖畔を散策するにはもってこいの散歩道。

 

山部一実さんティエラ・デル・フエゴ国立公園
山部一実さんティエラ・デル・フエゴ国立公園
山部一実さんティエラ・デル・フエゴ国立公園
山部一実さんティエラ・デル・フエゴ国立公園
山部一実さんティエラ・デル・フエゴ国立公園
山部一実さんティエラ・デル・フエゴ国立公園

南米観光

パタゴニアを代表するティエラ・デル・フエゴ国立公園の観光写真です。
アルゼンチンの都市ウスワイア情報も参考になります。
   

 


山部一実さんプロフィール

1948(昭和23年) 長崎に生まれる。
1977(昭和52年) 岩手医科大学歯学部卒業。
学生時代の大半は山で過ごしていた(多い年で年間100日も!) 。
1981(昭和56年) 長崎県北松浦郡にて開業。
2001(平成13年) ホームページ「嚥下障害支援サイト“Swallow”」開設。
2003(平成15年) 「嚥下障害患者を支える家族の会 スワロー」を設立。
2004(平成16年) 「長崎嚥下リハビリテーション研究会」を設立。会長に就任。
2016年(平成28年)現在、「NPO食支援ネットワーク・長崎嚥下リハビリテーション研究会」会長、長崎リハビリテーション学院(言語療法科)、長崎大学医学部付属医療短期大学(作業療法科)の非常勤講師などを兼任。長崎での開業後はあまり山登りは出来なかったが、ここ数年は愛犬LEONを同行して月に数回出かけている。
mail : yamabe@swallow-web.com
コース紹介
南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。