【2016年1月出発】南極フライ&クルーズにご参加の広島在住品川ご夫妻

2016年1月出発の「南極フライ&クルーズエクスプレス6日間」ツアーに参加された広島在住・品川ご夫妻様から、感想文と写真が届きました。


南極フライ&クルーズエクスプレス6日間体験談

 

アルゼンチンのウシュアイアからオーシャン・ノバ号で南極に向けて出発した。
窓付きのキャビンは狭いが必要最小限度のものは揃っている。乗客は世界各地から来ており、説明はほとんど英語。食事は豪華で、夕食のアラカルトは毎日メニューが変わり楽しみだった。 ドレーク海峡までは波も穏やかだったが、急に波が荒くなり何かに捕まらないと動けないほど激しかった。私たちは何とかこの荒波に耐えたが、食堂に集まる人達の数がだんだん少なくなっていった。 丸二日間、荒波にもまれ、やっと南極半島の島々に近づいた。すると、うそのように波は穏やかになった。いよいよ南極に来たのだという実感が湧いた。
ゾディアックボートに乗って、サウスシェットランド諸島にあるYankee HarborとHalfmoonをそれぞれ3時間あまり散策。そこには、建物も何もなく、澄んだ空気とそこに住むペンギンやアザラシなどの動物や鳥だけ。向こうには氷山の美しい景色。この風景は初めてだ、“南極に来たのだ!”と改めて感じた。
南極滞在は短かったけれど、はるばる日本からやって来た甲斐があった。家も人もいない、流氷とそこに住む動物たち(ペンギン、アザラシなど)だけの南極の島、済んだ空気と雄大な景色が印象的だった。

 

南極フライ&クルーズエクスプレス6日間体験談

南極フライ&クルーズエクスプレス6日間体験談

南極フライ&クルーズエクスプレス6日間体験談

コース紹介
南極旅行のご案内
北極旅行のご案内
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。