「タロ・ジロ」にまつわる話 (5)「カラフト犬」と言う名前について

南極観測隊第一次越冬隊とカラフト犬私達第一次越冬隊(1957)と行を共にしたのは「カラフト犬」だった。 これを私達は「カラフトケン」と読んでいた。 ところが 白瀬南極探検隊(1910−1912)の報告書「南極記」には「樺太犬」と漢字で出てくるし、かって日本陸軍が使用した語も「樺太犬」だったと記憶している。さらに、1956年3月にできた稚内の訓練所には「南極学術探検隊・樺太犬訓練所」と書いてあった。

(写真)犬ぞりでボツンヌーテンを目指す第一次越冬隊 

何時の時点でそれが片仮名で「カラフト犬」と書かれる様になったのかは私は知らない。終戦後「樺太」が外国になったので、これを「カラフト」と書き直したのと関係があるのだろう。特にそれらの犬を学問的に研究しておられた北大の犬飼哲男・芳賀良一両先生などにその源流を辿る事ができるのかもしれない。両先生はまたこれを「からふといぬ」と書いたりしておられた。

 

1953年春。15頭の「カラフト犬」が昭和基地に残された。ただし雌の「シロ」と8頭の子犬は日本に連れ帰られ、主として北海道に散らばった。それらの子孫は総て「カラフト犬」と呼ばれていたに違いない。

ところが1976年5月北極圏12,000キロの犬ぞり旅行を終えた植村直巳さんが、苦労を共にした犬と別れるに忍ばず、4頭の橇犬を日本に連れ帰って旭川と帯広の動物園に委託した。名犬アンナ(雌)はグリーンランド産。他は多分カナダ産の犬である。これらを「カラフト犬」と呼ぶわけには行かない。だれ言うとなく「ハスキー犬」とか「植村犬」と呼ばれていた。

 

その後1982年、カナダ北極圏で映画「南極物語」撮影に使用したそり犬40頭程を日本での撮影のためにに輸入した。そして映画の上では「カラフト犬」と呼ばれ、その後、稚内市に委譲された。

ところがこれらの犬は総てカナダ産である。「ハスキー犬」でもない。「カラフト犬」と言うのもおかしい。「南極物語に出演した犬」と言う呼び方が短縮されて、何時とはなしに「南極犬」と呼ばれ出し、今、稚内を中心にこれらの犬の子孫を「南極犬」と呼んでいる。「南極犬愛好家協会」と言う全国組織もできて、全国的な犬ぞりレースも行われている。この「南極犬」との呼び名は定着して来た様である。

 

考えて見れば「南極犬」と言う名前もおかしな名前だ。南極に犬が生息している訳でもない。この問題は今後どの様に発展するかは解りません。
何か良い名称はありませんか?
ともかく「カラフト犬」と言う名称の犬はもういません。

菊池 徹 (1996.03.16)


連載TOP→

 

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。