北極をクルーズしよう!(1)スピッツベルゲンの魅力

 

奥深く入り組んだフィヨルドの景観は、山に雪を被った美しさとともに圧倒されます。最北の島であるがゆえに空気は澄み、自然の美しさがそのまま残されています。2〜3000頭の白くまが生息しており、まさに「白くまの王国」です。入島すると自動的に環境税(約3,000円)が課せられ、環境保護では最先端。同時に昨今世界規模で問題になっている「地球温暖化」を肌で実感することもできます。

 

日本人観光客のほとんどが、お手軽な3日間クルーズに参加されるようですが、3日間では本当のスピッツベルゲンの良さは味わえません。おすすめツアーはクォーク社主催の11日間クルーズ。3日間ではとうてい行くことのできない北方の奥深く、手つかずのフィヨルドに立ち寄る楽しみがあるだけでなく、ロングイヤービーンのオプショナルツアーも魅力です。

北極スピッツベルゲンクルーズ11日間

※当コースは2011年に催行されたツアーです。2012年度のツアーは、複数コースをご用意しております。

◎2012年度 北極旅行・北極クルーズツアーのご案内

北極圏クルーズ中級編

スピッツベルゲンの魅力を冒険心と好奇心いっぱいに巡るクルーズです。極北の魅力をシーカヤックで探検したり、壮大な素晴らしい景色を背景に氷山の周りをボートでまわったり、各島に上陸してツンドラ地帯のハイキングや野生動物(白クマ、セイウチなど)を見学します。

※地図をクリックすると拡大でご覧いただけます。  

【お役立ちメモ】

  • トロムソからのフライトの際、窓側をリクエストしましょう!空からながめるスピッベルゲンは山並みが目の前に広がり素晴らしいです。
  • 北極クルーズに出発する前にトロムソで1泊し、博物館を見学することをおすすめします。
    ほとんど観光場所はノルウェー国内どこでも英語が通じます。
  • 外は、太陽が照りつけ陽射しがきついので、サングラスと日焼け止めクリームは必需品です。
  • ツアーが催行される夏期は、陽が24時間沈まないので、観光には充分な時間があります。
 

【フライト情報】

成田〜コペンハーゲンまで約10時間半のフライト。
コペンハーゲン〜オスロ(フライト時間・約1時間)〜トロムソ(フライト時間・約1時間半)。
トロムソ〜ロングイヤービーン(スピッツゲルゲン)までは約1時間20分のフライト。
ロングイヤービーンの桟橋より船でクルーズへと向かう。

※弊社がご案内するツアー日程は、乗船から下船までのクルーズ期間です。日本は着の航空券およびクルーズ前後の宿泊は、別途手配いたします。


特集TOP→

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。