【2020-21年】南極フライ&クルーズ(V)サウスシェットランド諸島6・7日間の主な見どころ

 

日程表で見る、ツアーポイントのご案内

 

第1日目:ウシュアイア・アルゼンチン

旅は、ウシュアイアから始まります。船はプエルトウイリアムへと向かいビーグル海峡を抜けていきます。最も南に位置する町としても有名です。このプエルトウイリアムは、ナバリノ島にあります。ホーン岬を通る前にすこしこのあたりをクルージングしてみましょう。
午後3時から4時に乗船手続きをしていただきます。4時以降の乗船はできませんので時間厳守でお願いします。乗船時には、パスポートの携帯をお願いします。

 

第2日目:海上

ナッソー湾を通過後、伝説のケープ岬が目の前に現れる頃に目が覚めます。天候が良ければ、ゾディアックボートで灯台とチリの科学基地へ立ち寄ります。
船は南極へと向かいます。そして偉大なる16世紀の英国の探検家フランシス ドレーク卿の名が命名された有名な海峡を通過しはじめます。

 

第3日目:海上

ドレーク海峡を越え、キングジョージ島(サウスシェットランド諸島)へと向かいます。
船のデッキやブリッジから野生動物を観察してみましょう。アルバトロスやミズナキドリが私たちの船の水先案内人となっています。さらに南極へ向かう途中では、ミンククジラやザトウクジラなどがゆうゆうと泳いでいる姿が見られるかもしれません。

 

第4日目:南極海域

南極半島

南極収束線を越えて南氷洋へと航行します。このあたりで初めての氷山に出会うことでしょう。またその向こうには南極半島の島々が目に入ってきます。ゾディアックボートで上陸開始です。ペンギンの営巣地に向かいます。日が長いのでいつまでもこの南極探訪ができるのは嬉しいことです。

 

キングジョージ島第5日目:キングジョージ島/下船後、プンタアレーナスへ

キングジョージ島に近づきフィルデス湾で下船します。ここで南極の景色を堪能しましょう。
フレイ基地より航空機でプンタアレーナスへ。
プンタアレーナスの空港より、プンタアレーナス市内のホテルへ。着後自由行動(食事は各自にて)。

〈プンタアレーナス泊〉

 

第6日目:各自帰国の途へ

ホテルにて朝食。チェックアウト後空港に送迎致します。

 

※日程は、あくまで天候などにより変更することがありますので、ご了承ください。 


 

 

地図で見る観光ポイントのご案内

南極フライ&クルーズ(V)サウスシェットランド諸島6・7日間ルートマップ 

プンタアレーナス・チリ(Punta Arenas, Chile)

スペイン語で「砂の岬」という意味。パタゴニア地域の一部であり、南アメリカ大陸の最南端の都市です。

キングジョージ島(King George Island)

サウスシェットランド諸島の中で一番大きな島。観測基地があり、あざらしやアデリーペンギン、ジェンツーペンギン、あごひげペンギンなどが生息しています。

サウスシェットランド諸島(South Shetland Islands)

英国とアルゼンチンが領土権を主張している場所。各国の観測基地があります。

 

 


南極フライ&クルーズ(V)サウスシェットランド諸島6・7日間

【2021-22年】南極フライ&クルーズ(V)サウスシェットランド諸島6・7日間の見どころ

 

日程表で見る、ツアーポイントのご案内

 

第1日目:ウシュアイア・アルゼンチン

旅は、ウシュアイアから始まります。船はプエルトウイリアムへと向かいビーグル海峡を抜けていきます。最も南に位置する町としても有名です。このプエルトウイリアムは、ナバリノ島にあります。ホーン岬を通る前にすこしこのあたりをクルージングしてみましょう。
午後3時から4時に乗船手続きをしていただきます。4時以降の乗船はできませんので時間厳守でお願いします。乗船時には、パスポートの携帯をお願いします。

 

第2日目:海上

ナッソー湾を通過後、伝説のケープ岬が目の前に現れる頃に目が覚めます。天候が良ければ、ゾディアックボートで灯台とチリの科学基地へ立ち寄ります。
船は南極へと向かいます。そして偉大なる16世紀の英国の探検家フランシス ドレーク卿の名が命名された有名な海峡を通過しはじめます。

 

第3日目:海上

ドレーク海峡を越え、キングジョージ島(サウスシェットランド諸島)へと向かいます。
船のデッキやブリッジから野生動物を観察してみましょう。アルバトロスやミズナキドリが私たちの船の水先案内人となっています。さらに南極へ向かう途中では、ミンククジラやザトウクジラなどがゆうゆうと泳いでいる姿が見られるかもしれません。

 

第4日目:南極海域

南極半島

南極収束線を越えて南氷洋へと航行します。このあたりで初めての氷山に出会うことでしょう。またその向こうには南極半島の島々が目に入ってきます。ゾディアックボートで上陸開始です。ペンギンの営巣地に向かいます。日が長いのでいつまでもこの南極探訪ができるのは嬉しいことです。

 

キングジョージ島第5日目:キングジョージ島/下船後、プンタアレーナスへ

キングジョージ島に近づきフィルデス湾で下船します。ここで南極の景色を堪能しましょう。
フレイ基地より航空機でプンタアレーナスへ。
プンタアレーナスの空港より、プンタアレーナス市内のホテルへ。着後自由行動(食事は各自にて)。

〈プンタアレーナス泊〉

 

第6日目:各自帰国の途へ

ホテルにて朝食。チェックアウト後空港に送迎致します。

 

※日程は、あくまで天候などにより変更することがありますので、ご了承ください。 


 

地図で見る観光ポイントのご案内

南極フライ&クルーズ(V)サウスシェットランド諸島6・7日間ルートマップ 

プンタアレーナス・チリ(Punta Arenas, Chile)

スペイン語で「砂の岬」という意味。パタゴニア地域の一部であり、南アメリカ大陸の最南端の都市です。

キングジョージ島(King George Island)

サウスシェットランド諸島の中で一番大きな島。観測基地があり、あざらしやアデリーペンギン、ジェンツーペンギン、あごひげペンギンなどが生息しています。

サウスシェットランド諸島(South Shetland Islands)

英国とアルゼンチンが領土権を主張している場所。各国の観測基地があります。

 


南極フライ&クルーズ(V)サウスシェットランド諸島6・7日間

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。