北極旅行:インフォメーション

■ 旅行書類

  • パスポート
    パスポートは、帰国予定日より残存期間が6ヶ月以上必要です。また、入国/出国スタンプを押すことのできる空ページ(少なくとも2ページ以上)が充分にあることを確認してください。
  • ビザ
    カナダとグリーンランドとノルウェーへの入国にはビザは必要ありません。

    ロシア入国には、ビザが必要です。(写真1枚 縦4cmx横3cm)旅券の空きが2ページ以上必要です。各自乗船地国のビザをご確認下さい。
  • 旅行保険
    緊急輸送費用(救援費用)をまかなうため少なくともUS$100,000の保険をお掛けください。
    日本では、AIG損保(治療・救援費用無制限プラン)があり、また、2002年4月よりクルーズ旅行取消費用担保特約ができました。 詳しくは、お問い合わせください。
    2006年11月より、乗船客は、救援費用をまかなう保険加入が義務づけられました。

 


■ 空路と陸路の手配(クォーク商品コース) 

  • 空路の手配
    ご要望であれば、交通機関や現地地上手配などのご予約を承ります。
  • ツアー開始
    ツアーの第1日目は、ホテルでの宿泊となります。ホテルのチェックイン時間は、午後3時からとなっています。この1日はゆっくりとお過ごしください。 (スピッツベルゲンコース及び3島<スピッツベルゲン・グリーンランド・アイスランド>コースは除きます)
  • ツアー終了
    下船時刻は天候によって変わります。帰国便はできるだけ遅い時間帯のフライトをお選びください。通常、朝8時頃の帰港となります。
  • 空港税
    ツアー料金には空港税は含まれておりません。空港税はお客様各自でお支払いください。
  • 航空機内受託荷物の重量制限
    ほとんどの航空会社は機内受託荷物の重量制限がございます。チェックインの際にトラブルにならない為にも、事前にご利用の航空会社に重量制限についてご確認をお願いします。超過料金が生じた場合には、ご自身で負担することになりますので、機内受託荷物には必要なものだけお持ちになることをお薦めします。
  • ホテル
    旅行代金に1泊(前泊分)のホテル代が含まれています。前々泊または後泊のご予約に関しましては、部屋数が限られているため、お早めにお申し付けください。
    (北極点クルーズコースには、前、後泊分のホテル代が含まれます。スピッツベルゲンからの乗船コースには、前泊分は含まれておりません。)

■ 空路と陸路の手配(クォーク商品コース)

  • 空路の手配
    ご要望であれば、交通機関や現地地上手配などのご予約を承ります。
  • ツアー開始
    ツアーの第1日目は、乗船日となります。
  • ツアー終了
    下船時刻は天候によって変わります。帰国便はできるだけ遅い時間帯のフライトをお選びください。通常、朝8時頃の帰港となります。
  • 空港税
    ツアー料金には空港税は含まれておりません。空港税はお客様各自でお支払いください。
  • 航空機内受託荷物の重量制限
    ほとんどの航空会社は機内受託荷物の重量制限がございます。チェックインの際にトラブルにならない為にも、事前にご利用の航空会社に重量制限についてご確認をお願いします。超過料金が生じた場合には、ご自身で負担することになりますので、機内受託荷物には必要なものだけお持ちになることをお薦めします。
  • ホテル
    旅行代金に前後泊分のホテル代は含まれておりません。前泊または後泊のご予約に関しましては、部屋数が限られているため、お早めにお申し付けください。

■ 準備するもの

  • 気候
    極地は、夏でも寒い場所ですが、想像したほど寒くはないでしょう。気温は氷点下を下回ることはめったにありません。雨や雪はいつでも起こりうり、霧は良くみられます。

    急激な天候の変化に対応できるように準備しておいてください。
  • 服装
    動きやすく風を通さない素材でアウトドア用の服装やカジュアルな服装をご用意ください。

■ 必ずご用意していただくもの

  • ゴム長靴ゴム長靴はクルーズ期間中お貸しします。
  • パーカー(防寒着) 目立つような明るい色の防風・防水の、たっぷりした大きさのパーカーをご用意ください。(コースによっては探検パーカーつきの船もございます)
  • 手袋 少なくとも2組の手袋をご用意ください。
  • 帽子とマフラー 耳を覆うような暖かいウールの帽子、マフラーなどをご用意ください。
  • パンツ/ズボン 耐久性のあるGORE-TEXなどの防水性のパンツ/ズボンをご用意ください。保温性に優れたスキーパンツでも良いでしょう。
  • 靴下 少なくとも数組の靴下をご用意ください。
  • 上着 ウール、ニット、あるいは綿のセーターと中厚のフリースの上着、タートルネックのシャツとTシャツをご用意ください。
  • 下着 シルクか化繊の下着をご用意ください。
  • 役立つグッズ類
    ・バックパックかデイパック

    ・サングラス
    ・水着
    ・双眼鏡
    ・カメラ、予備のバッテリー、必要と思われる量の2倍の量のフィルム
    ・顔、唇、手に保護用のUVクリーム
    ・予備のメガネ
    ・フィルムやカメラを入れるジッパー付きのビニールバッグ
    ・220V/110Vのアダプタープラグ・セット付きのコンバータ(ヨーロッパ使用2つ丸穴タイプ)
  • 処方薬、腹痛やアレルギー、頭痛薬など

■ 通貨、支払いについて

  • 船内での通貨
    アメリカドルが船内での標準通貨です。船内では、Visa、MasterCard、Diner's Club、アメックスが、ご利用いただけます。
  • 支払い方法
    乗船すると自動的に個人口座が開かれます。その都度、伝票にサインしていただき、下船の前日に一括して精算いたします。
  • 陸上での通貨
    通貨規制によって、持ち込むお金に制限はありませんが、持ってきた以上のお金を持ち帰ることはできません。
  • 手持ちの現金
    クルーズツアーの最後の日の船上での買い物、空港税、タクシー料金など、思い掛けない支払が発生するかもしれませんので、ある程度現金をお持ちになるとよいでしょう。
  • チップ、税金、入港税
    宿泊、食事、手荷物取扱い、現地の見学、ドライバーやガイドに関するすべてのチップ/税金はクルーズ代金に含まれています。しかし、クルーズ代金には船の乗務員への慣習的なチップは含まれていません。
  • 食事サービス
    毎日変わる国際色豊かなメニューをご用意。食事時間は毎日のプログラムに記載されています。朝食はブッフェスタイルです。昼食と夕食は、テーブルサービスがあり、メニューからメインコースをお選びください。コーヒーとお茶は1日中いつでもご用意してございます。

    コース(船)によっては、夕食時にグラスワイン1杯がつきます
  • 船内レクチャー
    船内レクチャーでは、経験豊かなスタッフと、極地専門の講師陣がスライドやビデオを使いながら、皆様に極地の魅力を存分にお伝えします。
  • 電源
    220ボルト。ヨーロッパ標準型2つ丸穴式。変圧器をご用意ください。
コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。