【北極】 + 【北欧】 自由旅行・主な見どころご案内

【北極】 + 【北欧】 自由旅行のご案内

北極旅行・北極クルーズの拠点となるのは、北欧とカナダです。
今年はカナダ各都市(トロント/モントリオール)発着のクルーズツアーの本数が増え、日本からのアクセスがぐんと身近になりました。(カナダの観光情報は、カナダ観光局公式ウェブサイトをご参照ください)

しかし、「北極」といえば、やはり北欧です。せっかく北欧まで行くのなら、少し寄り道して北欧の都市を訪れてみませんか?
北極クルーズのシーズンでもある6月〜9月、北欧では白夜の季節を迎えます。冬は厳しい寒さに襲われる北欧の人々は、陽が沈む夜10時頃まで公園で日光浴をし、この季節を存分に楽しみます。人々の幸福度が高いことでも知られる北欧の町は治安も良く、独特の世界観とゆとりを感じることができます。海産資源にも恵まれているので、新鮮な魚介類が存分に楽しめます。

 

北欧の手配旅行はトライウエルにお任せください!

トライウエルは、北欧各都市への航空券、ホテルの手配もいたします。御気軽にご相談ください。

 

北欧の主な観光都市

ロングイヤービーン発着の北極クルーズで立ち寄れる主な観光地

ロングイヤービーン(スピッツベルゲン島)

ノルウェー領スバールバル諸島最大の島スピッツベルゲンにある、人口約2000人の小さな町ロングイヤービーンは、≪スピッツベルゲンクルーズ≫の発着地です。カラフルな家並みが軒を連ねる町の中心地を歩いていると、道路脇に普通な感じでトナカイが歩いている光景を目の当たりにします。
ここでは鉱山跡地への見学ツアーをはじめ、夏場は氷河トレッキングや犬ぞりなどに参加することができます。
※詳しくはSpitsbergen Travelサイトをご覧下さい。
ロングイヤービーンの風景 ロングイヤービーンの風景 ロングイヤービーンの風景

オスロ(ノルウェー)

オスロ カール・ヨハンス・ガーテ通り

ロングイヤービーン発着のクルーズに参加する際、日本からのゲートウェイはオスロです。オスロからスカンジナビア航空国内線に乗り換えてロングイヤービーンまでは所要約3時間半。せっかくここまで来たのですから、ロングイヤービーンに移動する前、あるいは北極クルーズの帰りに、オスロで数日過ごしてみては?
ノルウェー王国の都市オスロは緑豊かな歴史的街並みが魅力です。市内は地下鉄、トラム(路面電車)、市バスが発達しており、どこへでもスムーズに移動できます。  

町の見どころ・観光情報を見る

トロムソ(ノルウェー)

トロムソ トロムソ湾対岸の風景

北緯70度に位置する北極圏最大の町トロムソはオスロ⇔ロングイヤービーンの途中にあり、スカンジナビア航空国内線でロングイヤービーンから所要約1時間。オーロラが観測できる場所として知られています。海に点在する小さな島々と南北に連なる丘陵地帯があり、北極圏の美しい自然が残る魅力的な地です。日程にゆとりがあれば是非とも立ち寄ってみましょう。

町の見どころ・観光情報を見る

 

コペンハーゲン発着の北極クルーズで立ち寄れる主な観光地

コペンハーゲン(デンマーク)

コペンハーゲン 街並み

≪グリーンランドを訪れる北極クルーズ≫でゲートウェイ&クルーズ発着地となるのは、デンマークの首都コペンハーゲン。多くの運河を持つ港町です。「おとぎの国」の首都に相応しく、美しく重厚感のある町並みを訪れてみましょう。コペンハーゲン市内は地下鉄、市バス、エストー(郊外列車)が発達しており、どこへ行くにも便利です。

町の見どころ・観光情報を見る

 

レイキャビック発着の北極クルーズで立ち寄れる主な観光地

レイキャビック(アイスランド)

アイスランド レイギャビック

日本からコペンハーゲンを経由して行くアイスランドの首都レイキャビックは、≪東グリーンランド・スピッツベルゲンを訪れる北極クルーズ≫の発着地。レイキャビックとは「煙たなびく湾」の意味で、最初の移住者が近郊の温泉の湯煙を見て命名したそうです。暖房や給油に至るまで温泉、地熱を利用したエネルギーシステムにより、煙突なども殆ど見られない、世界一健康な都市で、フレッシュな空気が魅力です。緑やレンガ色のカラフルな屋根が美しい、明るい街です。

町の見どころ・観光情報を見る

 

ヘルシンキ発着の北極クルーズで立ち寄れる主な観光地

ヘルシンキ(フィンランド)

フィンランド ヘルシンキ

≪北極点クルーズ≫の発着地が、フィンランドの首都ヘルシンキです。フィンランドは約100年間ロシア帝国の一部であり、ロシアに支配される以前はスウェーデンに属していました。このためヘルシンキでは東欧と西欧の両方の影響が見受けられます。デザイン王国フィンランドの魅力を堪能すべく、フィンランド市内を観光してみましょう。トラム、市内観光にはトラムが手軽で便利です。ほかにも市バス、地下鉄、フェリーなどの交通手段が整ってます。

町の見どころ・観光情報を見る

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。