【南極】+【南米】 自由旅行・主な見どころご案内

【南極】+【南米】 自由旅行のご案内

南米自由旅行南極旅行・南極クルーズの拠点となるのは、南米の都市、アルゼンチンのウスワイア若しくはチリのプンタアレーナスです。
南米は日本から見ると地球の裏側。せっかく遠くまで行くのですから、南極旅行のついでに南米の魅力に触れてみませんか?

自然、芸術、食文化 etc. 各国各地の魅力を堪能するチャンスです。

 

南米の手配旅行はトライウエルにお任せください!

トライウエルは、南極クルーズツアーのご予約のほか、南米でのホテル、現地ツアー、航空券の手配も可能です。現地日本人ガイドのご要望にもお応えします。

≪ご旅行プランの組み立て方≫ 

 

 

南米人気の観光スポット

アルゼンチン/ウスワイア発着のオススメ観光

カメラ ロス・グラシアレス国立公園

パタゴニア

ユネスコ世界自然遺産に登録されたロス・グラシアレス国立公園内の氷河を観光するコース。ウスワイアからは最も近く、南極旅行参加者には人気の観光地です。

【移動手段】 ウスワイア(若しくはブエノスアイレス)からアルゼンチン国内線でエル・カラファテへ。ウスワイアから所要約1時間半。ブエノスアイレスからは所要約3時間20分。 

写真)ペリトモレノ氷河 メルコスール観光局

【モデル観光日程】

ペリトモレノ氷河観光(カラファテ2泊3日間コース)

ロス・グラシアレス国立公園で最も有名な氷河の観光。南極とは一味違う、巨大な氷の崩落のダイナミックな音と光景が楽しめます。

ペリトモレノ&ウプサラ氷河、オネージ湖観光(カラファテ3泊4日間コース)

更に1日追加すれば、グラシアレス国立公園最大の氷河、ウプサラ氷河とオネージ湖のクルーズを楽しむことができます。 

カメラ イグアスの滝

イグアスの滝

世界三大瀑布のひとつであり、ユネスコ世界自然遺産に登録されているイグアスの滝。最大の見所は「悪魔の喉笛」。轟音と共に水しぶきを上げて流れ落ちる様子は圧巻です。

【移動手段】 ブエノスアイレスからアルゼンチン国内線でプエルト・イグアスへ(所要約2時間)。アルゼンチン側の滝を観光します。

(写真)アルゼンチン側イグアスの滝
     ©INPROTUR www.argentina.travel

カメラ ブエノスアイレス

プエノスアイレス ブエノスアイレス ブエノスアイレス
ブエノスアイレス 5月広場
メルコスール観光局
©小笠原 亜人矛
ボカ地区
メルコスール観光局
©Nishimura Takeshi
コロニア・デル・サクラメント
メルコスール観光局
©小笠原 亜人矛

せっかくの機会なので、南極旅行の後にアルゼンチンの首都、「南米のパリ」と呼ばれるブエノスアイレスを訪問してみては如何でしょうか…? 宿泊する日数によってバラエティに富んだ観光プランニングを組むことが出来ます。

【移動手段】  ウスワイアからアルゼンチン国内線でブエノスアイレスへ(直行便の場合所要約3時間半 トレレウやカラファテ経由便もあり)。


 

【モデル観光日程】

ブエノスアイレス市内観光(2泊3日間コース)

2日目は終日ブエノスアイレス市内観光。主要観光地である大統領府や5月広場、世界三大劇場のひとつコロン劇場、エビータが眠るレコレータ墓地、タンゴ発祥のカニミート地区など見所は満載です。市内8つの地区はそれぞれに特徴があります。それぞれの違いを肌で感じながら、ゆっくりと歩いて街を散策するもよし、又地下鉄が発達しいるので、便利な地下鉄を利用して市内をくまなく巡るのもよし。そして是非とも夜は、本格的なアルゼンチンタンゴディナーショーに行ってみましょう。送迎付きのタンゴツアーはホテルでも予約ができます。

ブエノスアイレス市内観光&ガウチョ・フィエスタツアー(3泊4日間コース)

2日目は終日ブエノスアイレス市内観光、3日目にはブエノスアイレスの郊外で、終日ガウチョ・フィエスタツアーに参加しませんか? (ホテルや現地の旅行会社で申し込みが可能です)
朝、ホテルよりツアーバスに乗ってブエノスアイレス近郊の農場に向かいます(所要約2時間)。到着すると、まずはアルゼンチンの名物スナック、エンパナーダが振舞われて、ポロ競技を観戦したり、ちょっとした乗馬体験もします。その後ランチをいただきますが、所謂アルゼンチン式のバーベキュー(アサード)で分厚いステーキをいただき、ビールとワインは飲み放題のサービスを受けながらガウチョ伝統のショーを堪能します。最後に牧草地に戻り、ガウチョの馬術ショーを鑑賞した後、夕方ツアーバスでホテルに戻ります。色々と普段出来ない体験が出来て、またお腹も大満足なコースです!

ブエノスアイレス市内観光&ウルグアイ世界遺産コロニア・デル・サクラメント観光(3泊4日間コース)

2日目は終日ブエノスアイレス市内観光、3日目はブエノスアイレスからフェリーに乗ってラ・プラタ河の対岸にある街、コロニアル・デル・サクラメント(隣国ウルグアイ)へ行ってみましょう。この何とも古めかしい、風情のある佇まいの街は1995年にユネスコ世界遺産に登録されました。高速フェリーなら、ブエノスアイレスから約1時間で行くことができます。
植民地時代にポルトガルとスペインの影響を受けた旧市街の町並みはとても魅力的。一日かけて、ゆっくり散策したり博物館を見学したり、と十分に満喫できることでしょう。 

 


チリ/プンタアレーナス発着オススメ観光

カメラ パイネ国立公園

パイネ国立公園 パイネ国立公園 パイネ国立公園
パイネ国立公園

南極クルーズ・プンタレーナス発着コースの参加者に一番人気の場所です。プエルト・ナタレスを拠点にしてパイネ国立公園に向かうツアーに参加します。最短2泊3日間で、なか日を日帰りでハイキングするパターンから、数日かけてしっかりとトレッキングするパターンまで難易度と日数に合わせた選択が可能です。

【移動手段】 プンタアレーナスからは路線バスに乗り、プエルト・ナタレスへ。


【モデルコース】

日帰りコース(所要約9時間)

ツアーバスで、プエルト・ナタレスのホテルを朝出発し、パイネ国立公園へ。比較的難易度が低い歩きやすいルートで、名所であるミロドンの洞窟、サルト・グランデ、グレイ湖などを巡ります。パイネ国立公園を象徴するトーレス・デル・パイネの雄姿は圧巻です。

数日トレッキングコース

山小屋もしくはキャンプに宿泊しながら数日トレッキングを楽しむという、やや難易度が高いパターン。
充分な装備と知識を持ってのぞむものです。

カメラ イースター島   

プンタアレーナスからの復路サンチャゴから、モアイ像で有名なイースター島に行ってみてはいかがでしょうか。イースター島は、島の一部がラパ・ヌイ国立公園としてユネスコ世界遺産に登録されています。
【移動手段】 サンチャゴからイースターし島へはラン航空が週5便ほど運行しています(所要約5時間)。


【モデル観光日程】

島内1日観光(イースター島滞在2泊3日間コース)

伝説の島・イースター島に滞在します。なか日の1日を、ホテル主催のガイド付きツアーに参加するのが効率良い方法です(島内の交通が不便なので、それ以外の方法はレンタカーかタクシーでの移動となります)。ツアーは1日約US$45程度。397体のモアイ像が確認できるラノ・ララクなどを鑑賞します。

ラパ・ヌイ国立公園内観光(イースター島滞在3泊4日間コース)

さらにもう1日滞在できれば、モアイ像の見学に加え、ラパ・ヌイ国立公園内の名所、オロンゴの儀式村跡や火山湖を巡ってみましょう。   

カメラ サンチャゴ   

サンチャゴ市内

サンチャゴ市内

サンチャゴ市内

サンチャゴ市内 

せっかくの機会なので、南極旅行の後にチリの首都、サンチャゴを訪問してみては如何でしょうか?
サンチャゴはアンデス山脈に囲まれた美しい街。歴史的建造物の残る旧市街やワイナリーが有名です。近郊には世界遺産都市バルパライソやビーチリゾートがあり、イースター島やパタゴニア地方ラパ・ヌイ国立公園などチリ観光地の中継点でもあります。

【移動手段】 プンタアレーナスからチリ国内線でサンチャゴへ(所要約3時間半)。


【モデル観光日程】

サンチャゴ市内観光(2泊3日コース)

2日目は終日サンチャゴ市内観光。主要観光地であるアルマス広場や周辺の歴史的建造物、サンチャゴ大聖堂、サン・フランシスコ教会、そして旧市街の中央広場など見所は満載です。
時間に少しゆとりがあれば、旧市街からケーブル鉄道で、または新市街からロープウェイに乗ってサン・クリストバルの丘まで足を延ばしてみましょう。ここの展望広場からは、サンチャゴの市街地が見渡せます。丘の頂上に立つマリア像も見ごたえがあります。 

 

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。