【2020年】スピッツベルゲン・東グリーンランド&アイスランドクルーズ15日間の主な見どころ

 スピッツベルゲン・東グリーンランド&アイスランドクルーズ15日間
極北3島巡り〔南航路/北航路〕【オスロ発着パッケージ付】


日程表で見るツアーポイント

 

南航路

第1日目:オスロ(ノルウェー)集合

ノルウェーの首都オスロに集合。各自にてホテルチェックイン。【オスロ泊】

 

第2日目:オスロ→ロングイヤービーン(ノルウェー)乗船

ホテルにて朝食後、空港に送迎いたします。チャーター機で、スピッツベルゲンにある町ロングイヤービーンに向かいます。専用バスにて港へ。その後乗船。

 

第3−6日目:スピッツベルゲン探訪

スピッツベルゲン

スピッツベルゲンは、スバールバル諸島の中で一番大きな島です。今日から2日間、天候と氷の状況を見ながら探検に出かけましょう。氷河、ニー・オルスン、モナコ氷河などを見学。野生生物にも注意しておきましょう。北極アジサシ、北極トウゾクカモメ、コオリガモ、ミツユビカモメ、シロカモメなどが見られることでしょう。北緯80度、北極点から965Kmの地点を越えると、北方に向かうに従い気温が下がってきます。このあたりは白クマ達の楽園です。

 

第7−8日目:グリーンランド海

船内では探検チームが、イラスト入りのプレゼンテーションで、野生生物やスバールバル諸島についてご紹介します。又、船のデッキから眺める海鳥達の紹介も、鳥類学者から学びます。

 

第9−12日目:東グリーンランド

グリーンランドグリーンランドはデンマークの自治領です。グリーンランド東海岸は、でこぼこしており、時に氷に閉ざされた地域です。この地帯は野生生物や白クマなどの生息地でもあります。双眼鏡を持って動物達を探してみましょう。気候条件が整えば上陸します。大昔のテューレ人達の史跡や、人里離れた近代の村を見学します。ジャコウウシは、全生息数の40%がこの東海岸に居ると言われています。
グリーンランドを離れる前に、スコルズビー湾へと向かいます。ノルウェー海に臨む大きな湾で、高い断崖の間に深く入り込んだフィヨルドが多数あります。多くの氷山が生まれる地域です。

 

第1314日目:デンマーク海峡

デンマーク海峡を越えアイスランドへと向かいます。船内では「野生動物」や「海鳥」、北極の歴史などのレクチャーが続きます。

 

第15日目:レイキャビック(アイスランド)/下船
レイキャビックでクルーズの旅が終了します。朝食後下船して解散。各自帰国の途へ。  

 

〔北航路※南航路の逆コースとなります。

  • 第1日目:レイキャビック(アイスランド)集合 [レイキャビック泊]
  • 第2日目:レイキャビックアイスランド乗船
  • 第3−4日目:デンマーク海峡
  • 第5−8日目:東グリーンランド探訪
  • 第9−10日目:グリーンランド海
  • 第11―14日目:スピッツベルゲン探訪
  • 第15日目:ロングイヤービーンノルウェー下船

詳細はこちら

 

「北航路」の詳細日程をPDFで御覧いただけます。

 

航路や上陸場所などは、天候や氷の状態などにより変更することがあります。また、遭遇する野生動物も同様です。概略日程としてお読みください。

 

 

 

地図で見る観光ポイント

 

南航路【WE8・WE9】 北航路【WE10】
スピッツベルゲン・東グリーンランド&アイスランドクルーズ15日間/極北3島巡り〔南航路〕【オスロ発着パッケージ付】 スピッツベルゲン・東グリーンランド&アイスランドクルーズ15日間/極北3島巡り〔北航路〕【オスロ発着パッケージ付】

※画像をクリックすると拡大で御覧いただけます。

 

レイキャビック Rey Kavik

ヴァイキングたちの最初の定住地。現在は生活水準も高く、地熱を利用したクリーンエネルギーにより常に綺麗な空気が魅力です。 

ウエストマン諸島 Westman Islands

1973年の大噴火の際、この島に住む人々が溶岩を海水でかけて進行を防ぎ、港を守ったことで世界的に有名になりました。 

デンマーク海峡 Denmark Strait

第二次世界大戦中、ドイツとイギリスの間で海戦が発生。イギリス海軍の巡洋戦艦フッドが沈没した場所です。 

スコーレスビィーサンド Scoresbysund

世界で一番長く、深いフィヨルドのひとつで、グリーンランド海へと続いています。

グリーンランド Greenland

グリーンランド語で「人の島」という意味。北極海と北大西洋の間にある世界最大の島。デンマーク領ですが、自治政府があります。

グリーンランド海 Greenland Sea

大西洋の最北端。豊かな水産資源に恵まれている場所です。

ニー・オルスン Ny Alesund

スピッツベルゲン島の4定住地のうちのひとつであり、研究施設となっています。

ロングイヤービーン Longyearbyen

観光が主な産業ですが、石炭産出関連の施設が残っています。

 


スピッツベルゲン・東グリーンランド&アイスランドクルーズ15日間

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。