世界中からやってくる「南極」旅行 今年の予測は?

2015.05.22

南極を訪れる観光客数はいったいどのくらいあるのでしょうか?

昨年度(2014-15年)のIATTO会員主催の南極訪問者数は、36,702名でした。2013-14年よりわずか2%の増加でした。過去の最高訪問者数46,265名(2007-08年)には、まだ届いておりません。
ただ、注目すべきは、南極大陸内部への訪問客数が19%も増加しました。が、全体の訪問地指数では、わずか1%しか占めておりません。
もっとも人気のある南極半島が73%を占めています。その内の4分の1(26%)の観光客はクルーズのみで上陸していません。

南極訪問客の国籍は、アメリカ人が34% オーストラリア人が11%とほぼ上位は、今までと変化はありません。3番目に多い国籍は、イギリス人(9%)、4番目と5番目は、中国人(8%)、ドイツ人(8%)となっています。日本人の観光客は、わずか2%です。

今年、2015-16年の訪問見込み客は、40,029人と推定されていま。(内、上陸人数28,304人)。今年の出だしは、好調です。
特にフライ&クルーズが人気となっています。荒れ狂うドレーク海峡を飛行機で飛び南極半島で船に乗り換えてクルーズを楽しむパターン。または、サウスジョージアやフォークランド諸島から出航するコースも大人気です。その他、皇帝ペンギンだけを見に行くツアーやプラス南極点まで組まれたコースにも魅力があるようです。
特にクリスマスシーズンや年末年始を挟むコースはすでに満室になっているコースが続出しています。ご検討なさっている方は、お早目にご予約なさることをお勧め致します。

IATTO:国際南極旅行業協会

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。