【2019-20年】船で選ぶ南極・クルーズ船のご案内

 

2019-20年 船で選ぶ南極クルーズ船のご案内




南極旅行のご案内
    キャンペーン・割引情報

 


 

極地クルーズ旅行の醍醐味は、船内レクチャーばかりでなく、船内設備を利用する楽しみもあります。移動時間を過ごす船の快適さは楽しい旅行を実現するために欠かせない重要なポイントです。
今期の南極クルーズでは、4つの主催会社がご提供する11タイプの船が、個性的な南極の旅にお連れします。

 

 主催:クォーク社 

【新船】ワールド・エクスプローラー号/オーシャン・アドベンチャー号オーシャン・エンデバー号オーシャン・ダイアモンド号

主催会社のクォーク社は、極地旅行のリーディングカンパニーとして世界的に名が知れわたっている極地専門クルーズ会社。船内のスタッフチームは全員が極地のスペシャリスト、その上各分野での専門知識にも長けた専門家です。    

 ワールド・エクスプローラー号 
ワールド・エクスプローラー号(クォーク社)
今年度デビューのワールド・エクスプローラー号は、大人の雰囲気を持ち合わせた5ツ星の優雅な探検船です。全てのキャビンにバルコニーが付いており、外に出てオーシャンビューが楽しめます。船内のパブリックスペースはゆったりと過ごせるようにレイアウトされています。展望ラウンジは、広い窓が開放感を与え、他にエクスプローラーラウンジ、ライブラリー、シアター型レクチャールームの施設が整っています。又ランニングトラック、ジム、サウナなどが完備され、スパや美顔、マッサージサービスもご利用いただけるなど、充実した船内ライフをお楽しみいただけます。 

ワールド・エクスプローラー号での南極クルーズは、ツアーコード【WE】でご案内しています。
【船内のご案内】

 オーシャン・アドベンチャー号
オーシャン・アドベンチャー号
オーシャン・アドベンチャー号のゆったりしたキャビンは、全てシャワー、トイレ、洗面台付きで、全キャビン海側に面しております。1976年に建造され、その後何度かリノベーションされてきましたが、2017年に最新の大改装が行われました。リフォームに数百万ドルを かけた船室、最新テクノロジー搭載のナビシステムやエンジン、新設されたオーナーズスイートキャビンをはじめラウンジ、ダイニング、ジムなどもオシャレに生まれ変わりました。南極旅行にふさわしい、魅力あふれる船上ライフをお楽しみください。   

オーシャン・アドベンチャー号での南極クルーズは、ツアーコード【OA】でご案内しています。
【船内のご案内】


 オーシャン・エンデバー号
南極クルーズ オーシャン・エンデバー号

ーシャン・エンデバー号は、極地旅行専門に造られた快適で設備が充実した小型の探検船です。船体は耐氷性に優れ、上陸観光に使用するゾディアクボートをはじめ、広々としたデッキスペース、高度なナビゲーション機器を備えています。船内はモダンな内装でまとめられ、客室と公共スペースは明るく、開放感がある雰囲気を醸し出しています。船内ショップでは極地で必要なフリース、手袋、帽子、靴下やお土産などもご購入いただけます。

 

 オーシャン・エンデバー号での南極クルーズは、ツアーコード【OE】でご案内しています。
船内のご案内

 

 オーシャン・ダイアモンド号 
南極クルーズ オーシャン・ダイアモンド号

2011年にLe Diamant号からオーシャン・ダイアモンド号と名称が変わり、大規模な改装が行われました。改装を終えたこの船の設備は、安全免を第一に、そして環境に配慮してアップグレードされた、モダンな快速船です。キャビン全室にTV、DVDプレイヤー、冷蔵庫、バスローブ、各種アメニティが備わっております。船内ではマッサージやウエルネスコース、豊富な極地専門図書の設備があります。

 

オーシャン・ダイアモンド号での南極クルーズは、ツアーコード【OD】でご案内しています。
船内のご案内


 主催:ワンオーシャン

【新船】RCGSリゾリュート号アカデミック・アイオフィ―号アカデミック・サージ・バビロフ号

主催会社のワンオーシャン社は、極地業界で躍進をとげている会社で注目度ナンバーワン。スタッフは、皆、極地を熱烈に愛する人たちばかりです。安全を第一に考えているのは勿論のこと、お客様へ心のこもったおもてなしと価値ある旅に定評があります。特に、冒険心あふれるアクティビティーが盛りだくさん用意されていることも注目です。

 RCGSリゾリュート号
RCGSリゾリュート号(ワンオーシャン社) RCGSリゾリュート号は、近代設備を搭載した快適な耐氷船です。バーとラウンジが2箇所あり、180度見渡せる広いスペースと、リラックスできるライブラリーには豊富な極地専門図書が揃っています。キャビンをはじめレストランも広く、スタイリッシュなテーブルが印象的です。劇場タイプのプレゼンテーションルーム、船内ショップ、ジム、ウエルネスセンター、スパ、サウナ、プールなどの設備が揃っています。 

RCGSリゾリュート号での南極クルーズは、ツアーコード【RE】でご案内しています。 
船内のご案内 

 主催:ポーラーラティチュード

 アイランド・スカイ号/ヘブリディーン・スカイ号

主催会社のポーラーラティチュード社は、アメリカのコネチカット州にある南極専門ツアーオペレーターす。オーナーは、南極にかける情熱と職人気質、豊富な経験を持つています。また、スケールの大きな企画は他社をも圧倒するほどです。

 アイランド・スカイ号
アイランド・スカイ号(ポーラーラティチュード社) アイランド・スカイ号は、ヘブリディーン・スカイ号の姉妹船です。1992年にイタリアにて建造、2010年には船内改装を行っています。船内のすみずみまでエレガントさが感じられ、設備が充実した快適な小型の探索船です。収容人員106名。耐氷性に優れ、上陸観光に使用するソディアックボート、広々としたデッキスペース、高度なナビゲーション機器を備えています。船内はモダンな内装でまとまられ、ソフトな色合いがリラックスできる空間を作り出しています。 

アイランド・スカイ号での南極クルーズは、ツアーコード【IS】でご案内しています。
【船内のご案内】

 
 ヘブリディーン・スカイ号  
南極クルーズ ヘブリディーン・スカイ号

2016年度に大改装しエレガントにリニューアルしたヘブリディーン・スカイ号(旧名シー・エクスプローラー号)。最大118名収容。氷海に優れたアイスクラス1Cの耐氷客船の威力は充分にあり、安定性がある船です。アドベンチャーオプションを加え、顧客サービスにも高い評価を得ています。  日々メニューが変わる食事は国際人チームとシェフ達が腕をふるっています。


ヘブリディーン・スカイ号での南極クルーズは、ツアーコード【HS】でご案内しています。
船内のご案内


 主催:アンタルクティカ21

 マゼラン・エクスプローラー号オーシャン・ノバ号/ヘブリディーン・スカイ号

主催会社のアンタルクティカ・トエンティーワン社は、他社には真似できないユニークな観光ツアー「南極フライ&クルーズ」を提供しています。怒涛のドレーク海峡を航空機で通過し、チリのフレー基地からは船で南極半島周辺をクルーズ、ゾディアックボートで巡りながら探検します。 

 マゼラン・エクスプローラー号
マゼラン・エクスプローラー号 マゼラン・エクスプローラー号は2019-2020年より、アンタルクティカ21社の新船として就航致します。探検船としては、世界でも比類なく洗練されたスタイリッシュな船でありながら、アドベンチャー志向がほどよくブレンドされた船であり、現場での顧客サービスのおもてなしにも高い評価をいただいております。特に船内のインテリアは、チリのサンチャゴを拠点に置く有名なデザイン事務所が手がけ、色使いや照明、家具などは旅心をくすぐるものややすらぎを感じさせてくれます。

 

マゼラン・エクスプローラー号での南極フライ&クルーズは、
ツアーコード【FC17】〜【FC29】でご案内しています。

船内のご案内

 

 オーシャン・ノバ号
南極クルーズ オーシャン・ノバ号

オーシャン・ノバ号は、1992年にグリーンランドの氷海を航行するためにデンマークで建造されました。南極探検クルーズ船として最適な客船です。広い窓のある展望ラウンジをはじめ、清潔で明るくオシャレな船内は “スカンジナビアン・スタイル”として人気の高い耐氷客船です。この船には、お一人様専用のシングルキャビンが用意されています。

 

オーシャン・ノバ号での南極フライ&クルーズは、
ツアーコード【FC1】〜【FC12】でご案内しています。

船内のご案内

 

 ヘブリディーン・スカイ号  

南極クルーズ ヘブリディーン・スカイ号

2016年度に大改装しリニューアルしたヘブリディーン・スカイ号(旧名シー・エクスプローラー号)は豪華さとアドベンチャー志向がほどよくブレンドされた船です。乗客定員100名、氷海に優れたアイスクラ ス1Cの耐氷客船の威力は充分にあり、安定性がある船です。探検クルーズ旅行に欠かせない美味な食事は、国際人チームとシェフ達により日々メニューを凝らしています。  


ヘブリディーン・スカイ号での南極フライ&クルーズは、
ツアーコード【FC13】〜【FC22】でご案内しています。

船内のご案内

 

 

 


南極旅行のご案内

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。