南極アイスマラソンに関するQ&A

南極アイスマラソンに関するQ&A   

スケジュール通り南極大陸行きの飛行機はフライトしますか?

いいえ。スケジュール通りにはいきません。世界中で最も難しい場所のひとつです。遅延はよくある事です。従って重要な予定は帰国日の2週間先までは組み入れないようにして下さい。すべて天候と機体と現地の状況によります。

(2010年より、パトリオットヒルズからユニオングレッシャーキャンプ地に移動することにより、今まで以上に、より正確な気象状況が把握でき、ほぼ定刻通りフライトすると見込まれています)

 

南極行きの出発場所はどこですか?

南極大陸行きの出発場所は、南米チリのプンタアレーナスという町になります。必ずコース開始日の2日前までにプンタアレーナスに到着するようなフライトを選んでください。

そこから南極大陸内にあるユニオングレッシャーキャンプ(2010年より、パトリオットヒルズキャンプから移動予定となっております)へと飛行します。

プンタアレーナスでの詳細は、申込後にお知らせ致します。

 

どうやってプンタアレーナス(チリ)に行ったらいいのでしょうか?

チリの首都サンチャゴまで国際線航空機を予約して下さい。(日本からの一般的な航路は、米国系航空会社にて北米経由で入る方法です) ※注:復路の日程変更可能なオープンチケットをご購入下さい。

ラン航空が国内線でサンチャゴからプンタアレーナスまでレギュラーフライトを運行しています。
参加申込者には詳しくご案内致します。

プンタアレーナスに到着したら各自でホテルへ(宿泊代は各自負担)。その後、スタッフより南極行きの日程をお知らせ致します。

 

プンタアレーナスではどこに泊まったらいいのでしょうか?

参加申込者にはホテルリストをお渡し致します。宿泊代金は、1泊に付きUS$50〜US$300まで幅広いクラスでご案内致します。

プンタアレーナスで待機せざるを得ない場合もありますから、そのあたりも考慮に入れながら、ご予算に合ったホテルクラスをお選び下さい。

 

南極大陸行きのフライトはどのような航空機なのでしょうか?

プンタアレーナスから、南極大陸にあるエルスワース山系の麓にあるユニオングレッシャーキャンプまではイルーシン76(IL-76)の機体で飛行します。

ティエラ・デル・フエゴやドレーク海峡を越え、約4時間半のフライトです。南緯80度、青氷の滑走路に着陸します。

 

アイスマラソンは、いつから開催しているのですか? 

2006年からです。2019年度で15回目となります。

  

実際にマラソンコースはどこを走るのですか?

レースは、ユニオングレッシャーを中心に、丘に沿った周辺を走ります。
(極端な高低差はありません)

 

私は今まで寒冷地で走った事がありません。そんな私でも南極大陸で走ることが出来ますか?

勿論走れます。

寒冷地での適切な衣類が必要ですが、コースを走ったり歩いたりする時に必要かというと、そうでもありません。
プンタアレーナス出発前に、持参した衣類や持ち物をチェックさせていただきます。

コース中には、いくつかのチェックポイントがあります。又、折り返し地点には、大きな暖かい建物が用意してあります。参加者の中には、今まで体験した事がないような寒さの中で走る事になります。これもまた楽しい経験になるに違いありません。

 

走るコースは安全なのでしょうか?

安全です。コースには目印になる小さな旗が立ててあります。快晴であれば視界は常に広く明るいです。マークを常に気にかけ、コースからはずれないで走って下さい。

凍結の損傷は警戒すべきサインとなりますので注意が必要です。

 

マラソン経験はほとんどありません。そんな私でも南極アイスマラソンに出場し、完走できるのでしょうか?

はい。可能です。

南極マラソンは1マイルから参加できます。1マイル、10Km、21Kmハーフマラソン、42Kmフルマラソンとご自身でゴールを決めて、参加して下さい。目標に合わせて、練習をしましょう。
もちろん氷点下の中でしかも雪の上を走る事は、身体を消耗させます。ゆっくりとした走りになりますし、今まで経験した事がないような走りづらいこともあるかもしれません。
南極マラソンは、時間で中断する事はありません。あなた自身があきらめなければ、必ずゴールできます。

100Km南極ウルトラマラソンは制限時間があります。
したがって、ウルトラマラソン経験者や耐久アスリート達だけが、南極100Kmウルトラマラソンレースに挑戦することができます。


いつもどんなお天気なのですか?

気温は−10度から−20度が平均的な所です。冷たい風が吹くと更に体感温度は―15度から―25度まで下がります。

一方、穏やかな日ですと、想像よりさらに暖かく感じられ、まさに快いうららかな日となります。風は一般的に10−25ノットで吹きます。

 

ユニオングレッシャーでの、足元の状態はどんなものなのでしょうか?

レース開始前に全コースの手入れがされていますが、ほどよく固まった氷の上(実際には固い雪)です。 場所によっては新雪が積もっていてでこぼこしている箇所もあります。前日のお天気によってコースの状況は変化します。どちらも走っていれば、足元の状況は、はっきりと見てわかるものです。

 

走る時にはどんなシューズを履いたらいいのでしょうか?

冬用トレイルランシューズが良いでしょう。

お薦めのシューズは、Montrail Hurrricane Ridge/Leona Divide,又はNike ACG Thielsenです。

 

走る時にはどんな服装になるのでしょうか?

重ね着がベストです。次のものを上手く組み合わせてください。
すぐに凍結しやすい場所ですから、手や足、顔の周辺を温かく保つ事はとっても重要です。
参加者には詳しいご案内をさせていただきます。

<ご参考>

上体 : サーマルレイヤー、フリースそしてアウターには風を通さないジャケット
脚部 : サーマルレイヤー、そして風を通さないズボン
     (中厚のフリースの重ね着 オプションとして)

手 : 手袋とミトン
足 : 裏付きのソックスとウールのソックス
頭部 : バラクラヴァ帽(頭から肩の一部まですっぽり入るウールの大型帽)、
     フェイスマスク、帽子、ネックウォーマー、ゴーグル

 

ゼッケンはつけるのでしょうか?

はい。現地でお渡しします。

 

給水所やトイレはありますか?

勿論、給水所は、一定間隔に設置されています。また、折り返し地点には、テントがあり、トイレも設置されています。 

 

申込時にはどのようなことを質問されますか?

今回のご希望参加コース、ハーフ、フルマラソン、または100Kmをお知らせください。また、今までのマラソン歴や寒冷地での体験があるかどうか。また日々の練習頻度などお聞かせください。マラソン歴がない方でも申込は可能です。

 

参加者には、どんな特典がありますか?

Tシャツ、南極大陸マラソン証明書、走者の記念写真などです。

 

南極大陸で、マラソンが延期となった場合はどのように過ごすのでしょうか?

マラソン開催日は、キャンプ地周辺の気象状況をみながら、決定されます。 
悪天候の場合は、メインテントで待機していただきます。世界中から参加している人たちとの交流やお互いの体験談で花をさかせてみてください。テント内では、スタッフによるレクチャーもあることでしょう。
本や雑誌、パソコン、音楽プレーヤーDVD(映画)などをお持ちになると良いでしょう。


これまでの参加者はどんな人たちでどのくらいかかって完走していますか?

【2018年】14カ国から53名の参加者でした。 

  • 男性フルマラソン 41名
    1番の走者のタイムは、3:49:18 hrs/43番目の走者のタイムは9:55:28hrs
  • 女性フルマラソン 10名
    1番の走者のタイムは、5:03:32 hrs/10番目の走者のタイムは13:06:25hrs
  • 男性ハーフマラソン 3名
    1番目の走者のタイムは、2:32:30hrs
  • 女性ハーフマラソン 2名
    1番の走者のタイムは、2:40:39 hrs
  • 女性 10Km 1名
    1番目の走者のタイムは、2:28:10hrs
  • 男性 5Km 1名
    1番目の走者のタイムは、1:02:15hrs 

【2017年】18カ国から54名の参加者でした。

  • 男性フルマラソン 38名
    1番の走者のタイムは、3:37:46 hrs/38番目の走者のタイムは8:56:53hrs
  • 女性フルマラソン 15名
    1番の走者のタイムは、4:56:37 hrs/15番目の走者のタイムは8:56:53hrs
  • 男性ハーフマラソン 4名
    1番目の走者のタイムは、2:30:01 hrs
  • 女性ハーフマラソン 2名
    1番の走者のタイムは、2:45:35 hrs
  • 男性100Km 9名
    1番の走者のタイムは、11:13:53hrs/9番の走者のタイムは、21:05:54hrs
  • 女性100Km 1名
    1番の走者のタイムは、18:34:54hrs

 2016〜2009年のデータはこちら

 

このマラソンのマスコミ取材などあるのでしょうか?

はい。このイベント終了後に世界配信されるプレスをかけています。
国際スポーツ専門の写真家による配信と、全ての過去のレースがテレビで放映されました。

 

ページTOPに戻る


南極アイスマラソン TOP 

コース紹介

南極旅行:コース一覧        北極旅行:コース一覧
注)すべてのコースは、海外主催会社が催行する旅行ツアーとなります。お申込みにあたり、自己責任の上でのご参加となりますことご承知おきください。